名城大学、全学生対象の新科目「データサイエンス・AI入門」を2022年4月に設置

名城大学(名古屋市天白区)は2022年4月から、全学生を対象とした新科目「データサイエンス・AI入門」を設置することを発表した。

2022年4月に新設される情報工学部の教員が中心となり、全学部の教員が交代で講師を務め、同大の池上彰教授の解説も交えたオンラインでの開講となる。

文理融合型の総合大学ならではの特徴を活かした全方向アプローチによって、同科目の活用理解が深化されることが期待される。

名城大学の設置する新科目「データサイエンス・AI入門」について

「データサイエンス・AI入門」は、全学部の学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、同分野について適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成することを目的とした新設科目。

文理を問わず、名城大学の全学生が受講することができる。

また、同科目を基盤とし、各学部・研究科が提供する専門教育科目と連動することにより、さらなる実践的なスキルや知識を備えることが可能となっている。

ポイント

(1)”全学共通”のデータサイエンス・AIに関する基礎科目

今回の新設科目はデータサイエンス・AIに関する基礎的な内容で、同大の学生が受講することにより、デジタル社会の「読み・書き・そろばん」(デジタル社会を生きるための必須の基礎知識)である「数理・データサイエンス・AI」の基礎を学修し、日常生活および社会のさまざまな場面でAI技術やデータを有効かつ安全に活用することができる素養を身につける。

「データサイエンス・AI」の意味の理解から、活用事例、データの取得法や解析法、データ処理の手順、倫理的・法的な心得までを丁寧に解説する。

(2)2022年度に新設する情報工学部を含む全10学部の教員+池上彰教授がリレーで担当

総合大学の利点を活かし、10学部すべての教員と、同大の池上彰教授の解説を交えた文理融合の全方向アプローチによって、AIやデータサイエンスの活用理解を深化させる。

(3)ICTを活用したオンライン教育により受講しやすい環境を構築

同科目の受講方法はICTを活かしたオンデマンド教育で、学生が自宅でいつでも受講ができる環境を構築している。

(4)総合大学の魅力を活かしたより進化した実践教育

同大では、10番目の学部として2022年度新設する情報工学部をはじめ、複数の学部・研究科でAI人材を養成するための実践的な科目を開講しており、リテラシー教育の先にある、応用・発展系の学びを追究する土壌も整備されている。