国立音楽大学、日本の大学で初めてデジタル楽譜サービス「nkoda」を導入

国立音楽大学(読み:くにたちおんがくだいがく、所在地:立川市、学長:武田 忠善)は、nkoda社の提供するデジタル楽譜サービス「nkoda」を日本の大学で初めて導入したことを発表した。

「nkoda」の導入は、イギリスの王立音楽院やミラノ音楽院等の著名な音楽大学や、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ボストン交響楽団といった世界有数のオーケストラに続く導入となる。

国立音楽大学の「nkoda」導入概要

  • 国立音楽大学が日本の大学で初めて「nkoda」を導入
  • Barenreiter、Breitkopf & Hartel、Ricordiといった大手を含む約100社に及ぶ楽譜出版社の楽譜を時代、編成を問わずスマートフォン、タブレット、パソコンの各デバイスにて閲覧することができる
  • 同学附属図書館では所蔵していない楽譜、特にオーケストラのパート譜、レンタル譜の閲覧も可能となり、作品理解への一助とすることができる
  • ドイツHenle社のデジタル楽譜サービス「Henle Library Campus Edition」に続くオンラインサービスの導入により、キャンパス内外における学修環境のより一層の充実を図る

「nkoda」は約100社にのぼる出版社の楽譜を閲覧できるサービスで、スマートフォン、タブレット、パソコン上でオーケストラのスコア、パート譜をはじめとする幅広いジャンル、編成の楽譜を学生、教員が無料で閲覧できるほか、強弱記号、コメントの書き込みや、書き込んだ情報をグループでシェアすることもできる。

複数の出版社の同一作品の楽譜の比較も容易に行うことができるため、より一層の作品理解につながることが期待される。

導入の背景

同学附属図書館では、楽譜15万点、図書15万点を含む約40万点を所蔵する一方、オンラインデータベースや楽曲・映像配信サービスとも契約を結び、館内あるいは自宅からもアクセスできる環境を整えてきた。

国内外のジャーナルや世界的に権威のある音楽辞典、著名なオーケストラ団体の演奏会をオンラインで視聴できるコンテンツなど、学生、教員の研究活動を支えるオンラインサービスの充実にも努めている。

2021年10月にはドイツの出版社Henle社による「Henle Library Campus Edition」を日本の大学で初めて導入し、オンラインを利用してどのような条件下であっても学びを継続できる環境の整備を行っていまる。

「nkoda」は古典から現代曲までの作品へ編成を問わずアクセス可能なため、同学図書館では所蔵していないオーケストラのパート譜やレンタル譜も閲覧することができる。

図書館で所蔵できる楽譜には限りがあるが、学生の興味、関心が多岐にわたる中で「Henle Library Campus Edition」に加え「nkoda」を導入することにより、すべての専攻の学生たちがジャンルの偏りなく多くの楽譜に触れる機会を提供していく。

nkodaの活用

「nkoda」はBarenreiter、Breitkopf & Hartel、Ricordiといった世界の大手出版社の楽譜を閲覧することができるサービス。

約100社に及ぶ出版社と契約しているため、同じ曲のエディションを出版社ごとに比較し、楽譜の異同を学ぶことで作品への理解を深めることもできる。

また、スマートフォン、タブレット、パソコンの各デバイスで専用アプリをダウンロードすることで、楽譜に直接コメントを書き込んだり、アプリに用意されている音楽記号などを楽譜に入力することができ、またその情報をグループでシェアすることも可能。

同学図書館がこれまで築いてきた蔵書をデジタル楽譜サービスの導入によって補強することで、学修環境をより一層充実したものとし、同学の基本理念である「良識ある音楽家・教育家」の育成に貢献していく。

nkoda社(nkoda limited)とは、イギリスを拠点に電子楽譜の定額制サービスを提供。2015年設立。デジタルによる楽譜の新たなサービスとして注目されている。

※出版社の表記について、システム上表示されないが、BarenreiterおよびBreitkopf & Hartelの「a」はウムラウトがついている。