部活との両立が大学受験にマイナスになったと回答した高校生は約1割 河合塾マナビスの「部活生の大学受験に関するアンケート」より

「教育百年を創造する」学習塾事業の株式会社湘南ゼミナール(本社:神奈川県 横浜市、代表取締役社長 福村賢一)が主催する「河合塾マナビス」は、高校で部活動をしながら大学受験に合格した現役大学生319名を対象に「部活生*の大学受験に関するアンケート」を実施し、結果を発表した。

*部活生:部活動が週3回以上あった高校生

「部活生の大学受験に関するアンケート」結果概要

調査サマリー

  1. 部活動と大学受験の両立はマイナスだったと答えた部活生は約1割。約6割がむしろ良い効果があったと回答。
  2. 部活生が受験の対策を本格的に始めたのは「高校3年生4月~9月」が最多だが、多くの人が「高校2年生の7月~3月」から始めておけば良かったと回答。
  3. 部活動との両立の中で受験を成功させるためには「学習時間の効率向上」が重要だと約6割が意識していた。
  4. 部活動と受験の両立のため塾選びで大事になるのは「自分のスケジュールやペースに合わせた学習ができること」と「学習を管理するアドバイザーがいること」と回答。

調査結果

(1)部活と受験の両立は約6割が受験に良い影響を与えていたと回答。悪い影響を与えていたと感じているのは約1割のみ。

大学受験に部活動はどのような影響を与えていたと思うか

部活動を続けながら大学受験に臨んだ高校生の約6割が部活動は受験に良い影響があったと回答している。

部活動が受験にとって障害になっているわけではなく、しっかりと両立することで受験勉強との好循環を作ることができるという結果だった。

受験と部活動の両立において、実際に良かったと思ったこと

部活動が受験に良い影響を与えていた具体例としては、「受験を乗り切るための仲間ができた」「メリハリがついて効率が上がった」などが挙がった。

(2)部活生が受験の対策を本格的に始めたのは、「高校3年生4月~9月」が最多。一方で、理想では「高校2年生の7月~3月」から始めておけば良かったという回答が最多。

大学受験に向けて受験モードに入った時期

大学受験の対策を本格的に始めたタイミングとしては「高校3年生4月~9月」が最多だった。

「高校3年生4月~9月」は部活動の引退時期であり、引退と同時に受験モードに切り替える高校生が多いと考えられる。

大学生になって、受験モードに入るべきだったと思う理想的な時期

一方で、受験を経験した大学生が、受験対策を本格的に始めるべきだった理想的なタイミングとしては「高校2年生の7月~3月」という回答が最多だった。

部活生にとっては、理想的なタイミングと比較して現実では半年~1年程度の受験勉強の遅れを感じている人が多いことが分かる。

(3)部活との両立の中で受験を成功させるためには、「学習時間の効率向上」が重要だと約6割が意識していた。

受験と部活動を両立する上で、周囲より時間当たりの学習効率を高めようとすることを意識していたか

部活生は、部活動をやっていない・時間に余裕がある高校生よりも短い時間の中で学習をしなければならないので、約6割の部活生が時間当たりの学習効率を高めることを意識していたと回答している。

限られた時間の中で「いかに効率的に成績を伸ばせるか」の工夫をしていた人が多いようだ。

(4)部活と受験の両立のため塾選びで大事になるのは「自分のスケジュールやペースに合わせた学習ができること」「学習を管理するアドバイザーがいること」と回答。

部活生の通塾率

部活生が受験との両立をしていくうえで、約6割が塾に通っていたと回答している。

「部活動と受験の両立」をするうえでどのような塾が良いと思うか

部活動との両立のために塾選びで重視すべきポイントとしては、「自分のスケジュールやペースに学習を合わせられること」「学習を管理するアドバイザーがいること」が上位に選ばれていた。

部活動が終わった後の時間で高い効率で学習が進められるように、より個人に学習を合わせやすい形の塾が支持されていると考えられる。

調査結果の結論

部活生が部活動と大学受験を両立することは受験にとってマイナスなことではないが、周囲に比べて遅れを感じやすいため、学習の時間当たりの効率を意識している人が多いという結果になった。

そういった中で、大学受験対策で通う塾として、自分のスケジュールやペースに合わせた学習が可能で、学習管理体制まで整っている塾を選んでいるようだ。

調査概要

  • アンケートテーマ:「大学受験に関するアンケート」
  • 調査期間:2021年10月20日(水)~10月27日(水)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 回答者数:入学試験を受けて大学受験に合格した部活生 319名
    • 現在大学1~4年生
    • 部活動は「体育系」「文化系」両方含む
    • 高校時代の部活動が週3回以上
    • 高校時代の部活動の引退時期が高校3年生4月以降

河合塾マナビスの冬期特別無料講習について

“部活生300人以上のノウハウが詰まった極意”をプレゼント!2週間で部活と受験勉強の両立を体験できる河合塾マナビス(湘南ゼミナール主催校舎)の冬期特別無料講習がスタート

河合塾マナビス(湘南ゼミナール主催校舎)では現在、冬期特別無料講習の申し込みを受付中。

映像授業の河合塾マナビスでは、スケジュールや学習理解度に合わせて受講予定を自由に立てることができる。

もちろん、受講は一人で進めるのではない。

大学受験のプロであるアドバイザーが、学習状況や目標にあわせてカウンセリングを行うため、目標に向かって二人三脚で学習を進めることができる。

受講期間はたっぷり2週間。河合塾マナビスで、部活動と受験勉強の両立を体験してみては。

今なら冬期特別無料講習申し込み後に校舎を訪れた人限定で、”部活生300人以上のノウハウが詰まった極意“をプレゼント※している。

※冬期特別無料講習の受付期間限定(~2022年1月10日(月)まで)。湘南ゼミナール主催 河合塾マナビス校舎のみの特典となる。

河合塾マナビス(湘南ゼミナール主催 47 校舎)では、感染予防および飛沫防止対策を徹底している。

自身のスケジュールに合わせて、「オンラインでの自宅受講」「校舎での受講」「自宅・校舎を併用」 から選択が可能。※オンラインでは 24 時間受講可能。

対象

高1・2生(中高一貫校中3生も歓迎)

受講期間

申し込みより2週間

費用

無料(入会金・テキスト代なども不要) ※学習サポート料及び事務手数料もかからない。

申し込み期間

現在~12月13日 (月)までの申し込みで最大3講座無料! ※以降2022年1月10日(月)まで2講座無料

河合塾マナビス (湘南ゼミナール主催 47 校舎)の特長

  • 河合塾の精鋭講師陣による全国で評価の高い「映像授業」とアドバイザーによる「個別サポート」を軸に、志望校合格に向けて必要な力を効率的に引き出す学習法。
  • 基礎学力の定着から志望校に合わせた入試対策まで、レベルや目的が細かく設定された約 1,000 講座をラインナップ。受験のプロであるアドバイザーが一人ひとりに合わせた学習プランを提案。
  • 毎回の「映像授業」受講後には独自のアドバイスタイムを実施。生徒自らがその日の学習内容をアウトプットシートに書き込むことで定着を促し、習熟度の確認を踏まえた適切な学習計画のフォローアップを行う。

※学習内容の疑問点や、進路について不安に思うことなども相談可能。オンライン受講の場合、電話やビデオ通話などを活用したオンライン面談を実施している。要望に合わせて週3回を目処に行っている。