AI型教材「Qubena」千葉県八千代市内全中学校11校へ導入、約5,000人が利用開始

株式会社COMPASS(本社:東京都文京区、CEO 小川 正幹)は、提供するAI型教材「Qubena(キュビナ)」が千葉県八千代市の全市立中学校における指導の一環として正式採用され、2021年9月より合計11校、約5,000人の児童・生徒の利用が開始されたことを発表した。

今回Qubenaを採用した八千代市では、「GIGAスクール構想 八千代スタイル」として、GIGAスクール構想の理念である、個に応じた指導の充実、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けたICT教材の積極的な導入・活用を推進している。

同市が目指す、ICT教材の活用による子どもたち一人ひとりの理解や関心に応じた学び、学習の効率化の実現に向けた手段として、QubenaのAIによる「個別最適化」の精度が評価され、今回の採用に至ったという。

学習管理ツール「Qubenaマネージャー」による先生の業務の効率化や、不登校の子どもたちの学習支援といった今後の活用の広がりも期待されているようだ。

COMPASSでは現在全国の小中学校1,800校、約50万人にQubenaを提供しているが、今後もQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「公正に個別最適化された教育」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献していく。

八千代市教育センター所長 池浦一寛氏 コメント

令和2年度より順次全面実施となった学習指導要領において、学習の基盤となる資質・能力の一つとして、「情報活用能力」が位置付けられるとともに、GIGAスクール構想の実現による児童生徒1人1台のタブレット端末環境が整備され、これらを活用した「個別最適な学び」を実現することが喫緊の課題となっています。

八千代市では、このような教育を実現し「子供自身の理解度や関心に応じた学び」を支える重要な要素として、全ての市立中学校にQubenaを導入しました。

Qubenaの活用が、子供の主体的な学びの育成と基礎学力の向上につながると考えています。また、教員の授業改善や子供へのきめ細やかな指導の充実が期待できると考えています。

今後、Qubenaの活用を推進する中で、個別最適な学びの実現を図ってまいります。