韓国で昨年約10億円の売り上げを達成、13万人以上の受講者を持つオンライン教育「Coloso」日本でサービス開始

オンライン教育サービス「Coloso」を運営する、株式会社DAY1 COMPANYは、2021年10月より日本にてサービスを開始したことを発表した。

世界を舞台に活躍している各分野の専門家によるハイクオリティの「Coloso」の講座を、日本でもリーズナブルな価格で提供していく予定。

「Colosoジャパン」概要

​オンライン講座サービス「Coloso」を運営する、株式会社「DAY1 COMPANY」が日本サービスをオープンした。

2019年、韓国からサービスを開始した「Coloso」は、韓国を代表する成人教育コンテンツ企業「DAY1 COMPANY」のCIC(社内独立企業·CompanyinCompany)。

「Coloso」は2019年にサービス開始して以来、2020年に売上高100億ウォン、累計受講者数13万人を達成している。

今回の「Colosoジャパン」サービス開始を皮切りに、今年12月中には北米サービスのオープンも予定しているなど、本格的にグローバル市場への進出を図っている。

「Coloso」は、業界トップクラスの専門家のノウハウを盛り込んだ講座動画を、いつ、どこでも受講することができるように、VODの形で提供する。

これまでオフラインベースで教育が行われていた様々な専門分野の講座をオンラインで学ぶことができるように、引き続きカテゴリーを拡張していく予定。

現在「Colosoジャパン」では、イラストと映像デザインをメインとしてサービスしている。

韓国を代表する世界的なイラストレーターであるソク・ジョンヒョン、キム・ラッキ、NESSIの講座を日本語で提供するのはもちろん、日本のクリエイターたちのオリジナルコンテンツを楽しむことができる。

今後も続けて、日本の新規オリジナルコンテンツと共に、韓国の専門家たちの講座を日本に紹介して行くことを目指すという。