エプソン、英国ワールドモバイル社と「アフリカへ質の高い教育を支援するプロジェクト」を発足

セイコーエプソン株式会社(以下 エプソン)の欧州統括会社Epson Europe B.V.(本社:オランダ アムステルダム、社長:永房 義朗、以下 EEB)は、World Mobile Group(本社:イギリス ロンドン、CEO:Micky Watkins、以下 ワールドモバイル社)と共同し、アフリカの学校において質の高い教育環境を提供するためのプロジェクトを立ち上げたことを発表した。

このプロジェクトでは、ワールドモバイル社が学校内のネットワーク接続環境を整え、EEBはエプソン製のインクジェットプリンターとプロジェクターを提供していく。

これはSDGs(持続可能な開発目標)17の目標のうち、「4.質の高い教育をみんなに」や、「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」、「17.パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献する。

現在、インターネット接続環境を持たない人々が、世界の約半数にのぼると言われている。

そのため、一部の人々は教育や銀行、医療などを十分に利用できないといった問題を抱えている。

今回のプロジェクトでは、アフリカ東海岸にあるザンジバルで約700名が通う学校など複数校に向け、ワールドモバイル社はワイヤレスネットワークを導入、エプソンはインクジェットプリンター(ET-4700)と、プロジェクター(EB-982W)を提供し、教育環境の整備を行った。

今後は、タンザニアを皮切りに、アフリカにおける対象地域を拡大するとともに、プロジェクトの参加パートナーを増やしていきたいと考えているという。

両社代表者のコメント

World Mobile Group CEO:Micky Watkins

今回、エプソンと共同してプロジェクトを始めることになり、大変うれしく思います。

私たちにとって、パートナーと同じ価値観を共有することは大変重要です。

エプソンは、サステナビリティと教育の分野において顕著な実績を有する企業です。

このプロジェクトは私たちの志を多くの人々に広げることにつながるでしょう。

Epson Europe B.V. Sustainability Director:Henning Ohlsson

すべての人々に質の高い教育を提供することが、持続可能な社会を実現するための重要なカギであると確信しています。

このプロジェクトにより両社の役割を果たせることをうれしく思います。

プロジェクトはまだ始まったばかりですが、他の皆さんにもパートナーとしてご参加いただき、すべての関係者にとって有益となるような、ポジティブなサイクルを作り出すことができればと思います。

エプソンは、SDGsが示すさまざまな社会課題に対し、自社だけではなく顧客、パートナーと共に解決に向けて取り組むことで、「持続可能でこころ豊かな社会の実現」に貢献していく。