ベネッセの保護者サポートアプリ「まなびの手帳」日本e-Learning大賞「教育のBCP特別部門賞」を受賞

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林 仁 、以下:ベネッセ)は、同社が提供する保護者サポートアプリ「まなびの手帳」が、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する第18回 日本e-Learning大賞「教育のBCP特別部門賞」を受賞したことを発表した。

本賞は新型コロナウイルス感染拡大などで子どもを取り巻く環境が急激に変わる中で、保護者の困りごとの支援をしてきた「まなびの手帳」の取り組みが評価された。

今回ベネッセからは、全国の小中学校向けタブレット学習ソフト「ミライシード」上で取り組める英語のパフォーマンステスト「Speaking Quest」も総務大臣賞を受賞しており、「まなびの手帳」を含めて2部門の受賞となる。

ベネッセは今回で、3年連続e-Learning大賞を受賞となる(2019年「Udemy for Business」(企業向けオンライン学習プラットフォーム)、2020年「AIストライク」(高校生向け通信教育「進研ゼミ高校講座」の学習アプリ)。

ベネッセは今後も、教育を取り巻く環境変化をいち早く捉え、デジタルを活用しながら、保護者の悩みや不安にしっかりと寄り添っていく。

保護者サポートアプリ「まなびの手帳」について

「まなびの手帳」は高校生までの子どもをもつ保護者を対象に、進研ゼミの受講有無に関係なく無償で様々な情報を提供している。

コロナ禍で休校や外出自粛など、子どもたちの生活が大きく変わり影響を受ける中で、教育指導要領の改訂、大学入試における共通テスト導入なども行われており、保護者の「教育不安」が急速に高まっている。

一人ひとり異なる教育・進路の不安に対して、「まなびの手帳」では、子どもの学年・地域・興味関心にあわせた教育進路情報や教育専門家の知見の提供、チャットで個別相談ができるオンラインセミナーなどを実施。

コロナ禍であっても子どもたちの学びや成長を止めないための支援を続けてきた。

2021年10月末時点で、アプリのダウンロード数は80万件を超え、オンラインセミナーは120万回以上視聴。

「まなびの手帳」には、進研ゼミ50年以上の学習指導歴、約200万人の進研ゼミ会員学習データが活用されている。

今後も子どもの成長と変化する社会に合った、専門家・近しい人の声に基づく信頼性の高い情報をわかりやすく届けていく。

「まなびの手帳」主なコンテンツ

① 一人ひとりに最適化された良質な教育情報

一人ひとり異なる教育・進路の不安に対して、子どもの学齢や地域、保護者の興味関心に合わせて、社内外の専門家監修の良質な教育情報を必要なタイミングで配信。

ユーザの声

  • 「コロナ禍で保護者同士の情報交換も難しい中で参考にしている」
  • 「うちの子の声かけに役立った」

② チャットで質問できるオンライン教育セミナー

コロナ禍における受験生や学習に困りごとを抱える家庭をサポート。

約130回以上の無償のオンラインセミナーを実施。47都道府県別やエリア別の入試情報や学習法情報、チャットを通した相談の場を提供。

ユーザの声

  • 「受験に向けての心構えをする上で貴重な学びとなった。」
  • 「親から話すよりも、親子で情報を共有できてよかった。」

③ 「赤ペン先生」のまなびQ&A

自宅で子どもの学習を保護者が見ることへの不安の声を受けて、進研ゼミに寄せられる年間10万件以上の教科や学習法に関する質問・相談から子どもの学年ごとにつまずき・苦手解消に役立つQ&Aを厳選して公開。

ユーザの声

「子どもへの説明の参考になった。」

「まなびの手帳」利用方法

以下のURLより、「まなびの手帳アプリ」(無料)をダウンロード。

対応端末

iOS13以上、Android 7.0以上スマートフォン(一部非対応の端末あり)

日本e-Learning大賞とは

「日本 e-Learning大賞」は、企業・学校・自治体などにおける、e ラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中から、特に優れたものを選出するアワード。

教育をテーマとしたアワードの中で、経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の 4つの大臣賞が付与されるのは他に例がなく、毎年大きな注目を集めている。