ベネッセとコドモンが共同開発した「保育ドキュメンテーション」販売開始1年半で2,000施設に導入

株式式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)が株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小林仁、以下:ベネッセコーポレーション)と共同開発したサービス「保育ドキュメンテーション」が、販売開始より約1年半で2,000施設に導入されたことを発表した。

「保育ドキュメンテーション」は、保育の質向上を目的として、保育士が毎日の保育を写真付きで「記録、振り返り、予想、計画」するもの。

コドモンとベネッセコーポレーションは、多忙な園でも使いやすい「保育ドキュメンテーション」サービスを共同開発し、こども施設職員の労働環境を整え、保育・教育の質向上を支える子育てインフラとしての保育ICTシステム「コドモン」の一機能として、2020年4月より提供を開始した。

「保育ドキュメンテーション」概要

コロナ禍による施設と保護者のコミュニケーション不足を解消

サービス開始以来、順調に導入施設数を増やしてきたが、特にこのコロナ禍で導入を検討する施設が増加。

コドモンが2021年8月に行った調査では「保護者に施設での子どもの様子や行事等を直接見てもらう機会が減少した 78.7%」(※1) 、またベネッセコーポレーションの調査では、「コロナ禍で園と保護者のコミュニケーション量が減っている 61%」、「園での園児の様子を保護者に見てもらう機会が減っている 83.4%」(※2)との結果が出ている。

「保育ドキュメンテーション」は、写真とコメントで園での様子を記録し、さらに園での様子を園内掲示物や、保護者への連絡帳に配信など、さまざまな形で保護者に伝えることが可能。

コロナ禍での保護者とのコミュケーション不足の解決につながるとの声も寄せられている。

※1 新型コロナウイルスにおける保育所運営への影響について 2021年8月 コドモン調べ インターネット調査
※2 対象:保育園・幼稚園で0~5歳児を担当している先生1,110名 2021/6/18-21 ベネッセコーポレーション調べ インターネット調査

特徴

保育ドキュメンテーション

「保育ドキュメンテーション」は、保育の質向上、施設の業務省力化、そして働きやすい職場を実現するサービス。

ICTを活用し「日々の記録」の画面に園児の様子を入力することで、「日誌」「掲示物」「週日案」「連絡帳(保護者アプリへの活動記録の配信)」など様々なフォーマットに展開でき、施設や保護者との関係づくりや、保育の質向上、施設スタッフの業務省力をはかる。

実現できること

子どもの姿を、次の日の保育に活かすサイクル

フォーマットの流れに沿って入力をしていくことで、無理なく「子どもの姿を、次の日の保育に活かすサイクル」を回せる。

事前に立てた計画に沿って保育をするのではなく、日々の子どもの姿と保育の振り返りから、次の日の保育計画を考える流れができるので、自然と「子ども主体の保育」が実現できる。

保育ドキュメンテーション監修  大豆生田啓友先生(玉川大学教授)より

ドキュメンテーションは子ども主体の保育の実現にとても有効なものだと考えていますが、日本においては保護者向けの掲示物として活用されることが多いのが現実です。実はこれは、ドキュメンテーションの一つの側面でしかありません。

ドキュメンテーションは、子どもの夢中な姿や学びの瞬間を、写真を使って記録することで、子どもを取り巻く人たちの対話を生み出すことができる素晴らしいツールです。その対話を通して、「今日の子どもの姿から、次の保育で何をしよう」とつながることで、「子ども主体の保育」が実現されるのです。

昨年から、新型コロナウイルス感染症の流行により、園の行事が中止や縮小を余儀なくされたり、送迎の際の保護者との対話も今までのようにはいかないという、厳しい状況の中で保育をされている園もあるかと思います。

しかし、その厳しい状況の中でも、ドキュメンテーションを活用することで保護者に「子どもたちは日々の遊びから多くのことを経験をし、学んでいる」ということがリアリティをもって伝わる、という声も多く聞きます。

もちろん、このように園での経験や学びを伝えていくということは、感染症の流行などがあってもなくても変わらず、とても大事なことなのではないかと思っています。

導入園の声

みどりの森みらい保育園 (広島県 広島市)

園庭で全身を使って泥遊びをすることが多いのですが、例年、『服が汚れて困ります』という声を保護者からいただくことがありました。

しかし、ドキュメンテーションで遊びの様子を伝えたところ、やめてほしいという声は出てこず、逆に『ここまでさせてくれてありがとうございます』という声をいただくようになりました。

きっと、子どもが泥や水の感触を楽しみ、そこから様々な思いをもって遊んでいることが伝わったのだと思います。

名古屋市立荒子幼稚園 (愛知県 名古屋市)

感染症が流行った時期に長期で休んだ子がいましたが、園の様子をドキュメンテーションで配信していたところ、『子どもが、園の様子が分かって安心したようです。』というお声をいただけ、久しぶりの登園も際も安心して登園してもらうことができました。

こども施設向けICTシステム「CoDMON」概要

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持ってもらうための各種支援ツールを提供するSaaS※。

園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしている。

また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供。

保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、こどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開している。

SaaSとはネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと。