島根県、学生・25歳以下対象のオンラインプログラミング合宿「Ruby合宿」参加者を募集

島根県は、学生、25歳以下の若者を対象に、プログラミング言語「Ruby」を使いチームでのプログラミングを体験する、5日間のオンライン合宿「Ruby合宿」の参加者を募集することを発表した。

オンライン合宿「Ruby合宿」概要

Ruby合宿では、プログラミング言語「Ruby」を使用し、サンプルプログラムを参考に、数名のチームで3Dシューティングゲームを作成。

また、Ruby開発者まつもとゆきひろ氏の講演会、島根県内IT企業視察やIT企業との交流会も行われる。

背景、経緯

就職前の若者と県内IT企業の交流、就職前の若者のプログラミングスキルの更なる発展を目的として、2008年より開催している。

今回は新型コロナウイルス感染症の対策として、オンラインで開催することとなった。

募集期間

令和3年11月15日(月) ~ 令和4年1月18日(火)

開催日時

令和4年3月7日(月) ~ 令和4年3月11日(金) (5日間)

会場

オンライン(Zoom)

対象

学生(大学・高専・専門学校・高校等、25歳以上も可)、または25歳未満(令和3年4月1日時点)の求職中で、以下の条件全てを満たす人

  • チーム開発に興味がある
  • 将来、ソフト系IT産業で働きたいと考えている
  • 主催者が行うメール等でのアンケートに協力できる
  • 安定したインターネット接続環境のある(固定回線を推奨)

※ただし、応募多数の場合は島根県在住または島根県出身者を優先。

参加費

無料

定員

30名程度

事前講義

令和4年3月1日(火)にZoomにて、Git入門、プログラム作成のポイントについての事前講義を行う。