旺文社、80年以上のロングセラー「全国大学入試問題正解」の問題をスムーズに検索・閲覧できる定額制ウェブサービスを開始

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、書籍「全国大学入試問題正解」に掲載された大学入試問題をスムーズに検索・閲覧できる定額制Webサービス「入試正解デジタル」を、11月15日から全国の高等学校向けに販売開始することを発表した。

同サービスにより、膨大な書籍から時間をかけて問題を探す負担を軽減し、検索項目をチェックするだけで、使いたい問題がすぐに見つかるようになる。

リリース時には数学・物理・化学を6年分搭載、2022年度中に、国語・英語・日本史・世界史・生物を追加予定。

同サービスのリリースを記念して、2022年9月30日まで特別割引を実施中。

定額制Webサービス「入試正解デジタル」とは

サービス開始の背景

『全国大学入試問題正解』シリーズは、国公私立大学の入試情報、入試傾向や科目の特徴がわかる書籍で、英語・数学・国語・物理・化学・生物など20点刊行されている。

1935年(※「全国大学入試問題正解」の前身である「入学試験問題詳解」の刊行年度)の刊行以来、毎年多くの高等学校で採用されており、2022年受験用の書籍は2,000校以上の高等学校に採用された。

学校現場では、進路指導室や教科室、職員室に設置され、授業や補講、過去問演習に利用されている。

近年、大学入試の出題傾向は、基礎学力を試す問題や、幅広い応用力を試す問題を増加するなど多様化が進んでおり、旺文社は、これらの時代の変化に対応すべく、これまで高等学校の先生に「全国大学入試問題正解」の利用状況や意見などのヒアリングを重ねてきた。

その結果、入試対策教材やプリントの準備には、過年度の膨大な書籍から問題を探して生徒指導用のプリントを作成することに、多くの手間をかけていることが分かった。

また、「全国大学入試問題正解」のデータベース化については、近年多くの要望が寄せられており、使い勝手のよいサービスになるようシステム構築に取り組んできたという。

今後は、先生が入試対策演習問題を「入試正解デジタル」で検索して印刷、生徒への配布までの準備がスムーズになり、先生の負担を軽減する。

サービスの特徴

(1)「全国大学入試問題正解」に収録されている解答・解説つき

長年、大学・高校・予備校の教育にたずさわっているベテランの先生による正確でわかりやすい親切な解答を掲載している。

(2) 豊富な検索項目でパッと探せる!パッと見つかる!「基本検索」

わかりやすく細かい「分野」の検索や、難易度、年度、大学種別、エリア、大学名、学部系統などさまざまな検索軸で過去問を探すことができる。

気になる問題は、「お気に入り」として登録して、後でまとめて確認ができる。

(3) すぐに使えるプリント問題集を搭載!「おすすめ問題セット」

検索で探す機能だけではなく、旺文社編集部や特別講師が選出した、授業や講義でそのまま使える問題プリントを約450問収録。

「入試の傾向がわかる良問」「10分で解ける入試問題」「グラフを使って解く入試問題」などテーマに分かれているので、利用シーンに合わせて素早く生徒に課題を出すことができる。

発売時期

2021年11月15日

推奨動作環境

PCのみ対応。ブラウザはGoogle Chrome最新版

主なコンテンツ

「基本検索」「お気に入り問題管理」「おすすめ問題セット」

対応書籍

『全国大学入試問題正解』 2016年受験用~2021年受験用

  • 「数学」(私立大・国公立大・追加掲載編)
  • 「物理」「化学」「理科追加掲載編(物理・化学)」

通常価格

1科目あたり 88,000円/年 (税込) ※1年間使い放題の定額制・10人まで利用可。

リリース記念特別価格 (価格はすべて税込)

1科目あたり 44,000円/年 (通常価格:88,000円/年)

2022年9月30日までに新規契約した高等学校には、「入試正解デジタル」を以下の特別価格にて提供。

さらに2年目以降も契約する場合は、3年目までリリース記念特別価格を適用する。※上記価格は、10人までの先生が1年間利用できる定額プラン。

今後の展開

2022年度中には、文系科目の追加とテキストダウンロードなどのプリント作成サポート機能も追加を予定している。

新年度の入試問題が追加で登録される場合も、料金据え置きで利用可能。

将来的には、「入試正解デジタル」に生徒の学習サポート機能も追加し、先生と生徒の過去問対策を旺文社が全面的にサポートできるよう、サービスの拡大を検討しているという。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。