Classiと学校支援システムのEDUCOMが連携、保護者向け連絡サービス「tetoru」の機能を強化

Classi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 理啓、以下Classi)は、2022年4月より小中学校領域で開始する保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」において、株式会社EDUCOM(本社:愛知県春日井市、代表取締役CEO:柳瀬 貴夫、以下EDUCOM)と連携することを発表した。

tetoruは統合型校務支援システム※「EDUCOMマネージャー C4th(以下 C4th)」で全国の小中学校においてシェアNo.1の強みを持つEDUCOMと共同で開発。

C4thとのデータ連携を2022年夏から開始することによって、先生が持つ情報と保護者がよりスムーズにつながり、両者が子どもを一緒に見守れる環境の実現を目指す。

統合型校務支援システムとは、教務系(成績処理、出欠確認、時数など)・保健系(健康診断票、保健室管理など)、指導要録などの学籍関係、学校事務系などの統合した機能を有するシステムのこと。

背景

  • 保護者へ子どもの状況の可視化
  • 先生からの情報発信がより容易に、より効果的に
  • 情報を共有した上での先生と保護者のスムーズなコミュニケーション

昨今の少子化による子どもへの関心の高まりを背景に、児童・生徒の保護者は、学校コミュニケーションのデジタル化はもとより、学校からの子どもに関する情報共有にも要望を強めている。

このような状況を鑑み、学校における子どもの状況を把捉できる機能を保護者に提供することを目的として、Classiは統合型校務支援システムの領域で約20年・約一万校(全小中学校の1/3)の知見を持つEDUCOMと共同でtetoruを開発してきた。

2022年夏、tetoruはC4thとのデータ連携を開始する。

この連携によってClassiが持つ技術力およびSaaS運営ノウハウと、EDUCOMが持つ学校校務領域における豊富な知見が合わさり、以下のような価値提供が可能となる。

子どもの状態を可視化する機能を保護者連絡サービスに内包することで、保護者と学校の信頼関係を醸成する。

学校からの情報発信が保護者の安心・信頼に影響を与えうる今日において、より信頼しあった両者によって子どもが育まれていく環境の構築に貢献すると考えられる。

このような環境構築に寄与することを目標に、双方の強みを活かし、ClassixEDUCOMとして今後tetoruを開発していくという。

tetoru(テトル)とは

「tetoru(テトル)」は、2022年4月にリリース予定の公立小中学校保護者向け連絡サービス。

tetoruによって、保護者と学校のコミュニケーションがより円滑になり、先生側の学校業務削減と保護者側の学校理解促進がなされ、先生と保護者の「子どもたちの成長を見守る」時間と機会の増大が実現する。

現在以下のアプリケーション機能の開発検証を行っており、今後、出欠/成績などの配信や、児童生徒からの学習成果物など、さらに先生と保護者が一緒に子どもたちの成長を見守り、成長させていく機能の追加を順次検討し、学校と保護者をつなぐコミュニケーションを含む、各種データのプラットフォームになることを目指す。

  • 学校からの連絡配信機能
  • 保護者からの欠席連絡機能
  • 名簿登録などの管理機能

「tetoru」先行リリース版(β版)は2022年1月から利用可能予定。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。