NPOキーパーソン21、教員・PTA・地域の大人とともにキャリア教育授業を江東区立小学校で実施

11月11日(木)、認定NPO法人キーパーソン21(神奈川県川崎市、代表:朝山あつこ、以下キーパーソン21)は、教員、PTA、地域の大人とともに東京都江東区立有明小学校、江東区立有明西学園の6年生に向け主体性を引き出すキャリア教育授業を実施することを発表した。

キーパーソン21の対話型キャリア教育プログラムを活用したこのプロジェクトは、有明の子どもたちを地域で支えるコミュニティづくりを目指し、5年目となる。

江東区立有明西学園におけるキャリア教育授業概要

地域の大人によるキャリア教育授業のねらい

東京都江東区有明には、有明小学校、有明中学校、有明西学園の3つ公立学校がある。

東京臨海副都心の一部で1980年代後半までは工業地帯だったが、近年の東京ビッグサイトや有明テニスの森、有明アリーナや有明体操競技場の建設にともない、高層マンション建築ラッシュによりファミリー層が流入し、平均年齢40代前半、人口約1万人の新興住宅エリア地である。

住人同士のコミュニケーションは少なく、人の繋がりは最小限。

若い世代の親に共感を呼ぶ活動を求めて、キーパーソン21では対話型キャリア教育プログラムを使用し、地域の大人と子どもの繋がりを醸成している。

2017〜2020年の4年間で373名の有明小学校、有明西学園の6年生がキャリア教育プログラムを受け、99名の地域の方が授業サポーターとなっている。

対象

①有明小学校6年の全生徒58名、②有明西学園6年生の全生徒102名

日時

2021年11月11日(木)

  1. 9:35~11:25(有明小学校)
  2. 13:30~15:20 (有明西学園)

開催場所

  1.  有明小学校(所在地:東京都江東区有明2−10−1)
  2.  有明西学園(所在地:東京都江東区有明1−7−13)

授業内容

サポーターとなる地域の大人が学校に訪問し、大人との対話を通じて生徒自身が自分を掘り下げる。好きなものことを理由とともに伝え合う。

生徒は、地域の大人とのゲーム形式のグループワークを通じて、自分の「わくわくすること」を見つけ出し、それが世の中の仕事とつながっていることに気づき、自主性を育む。

※11月11日のキャリア教育プログラム実施に先立ち、準備プログラムとして下記の2つを実施済み

⑴ オンライン講演会(2021年10月3日)

オンライン講演会では保護者、地域の大人を対象に、キーパーソン21のキャリア教育に対する考え方、子どもの内発的動機を引き出すことの重要性、それを伴走する地域コミュニティの重要性などをレクチャー。

また保護者、地域の大人同士の交流をつくる。

⑵ プログラムサポーター養成講座(2021年10月31日)

PTA、保護者、地域の大人を対象に、キャリア教育プログラムのサポーター養成講座を実施。

子どもの内発的動機をどうやって引き出し、言語化するのかについて半日かけて伝え、実践した。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。