駒澤大学、全学生向けに「データサイエンス・AI教育プログラム」を2022年度から開始

駒澤大学(東京都世田谷区/学長:各務洋子)では2022年4月から、「データサイエンス・AI教育プログラム」を開講することを発表した。

駒澤大学の「データサイエンス・AI教育プログラム」概要

リテラシーレベルからさまざまな学部・学科の専門教育までつながる2段階のプログラムを展開し、多様な価値観や知に触れることができる教育を目指す。

また、全学共通科目「データサイエンス・AI入門」を設置し、同科目を含むリテラシーレベルの修了者には修了証を発行する。

ポイント

  • リテラシーレベルから専門科目につながる2段階のプログラム(専門応用レベルは、2022年度以降に順次開講予定)
  • 文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に準拠した全学共通科目「データサイエンス・AI入門」を2022年度4月から新規開講
  • リテラシーレベルの修了者には修了証を発行

リテラシーレベルから専門科目につながる2段階のプログラム

駒澤大学では、文学部心理学科、文学部地理学科、法学部政治学科、経済学部、経営学部、グローバル・メディア・スタディーズ学部、医療健康科学部など、多くの学部でデータサイエンス・AIに関係する授業や研究が行われている。

社会のあらゆる場面で使われるデータサイエンスやAIの技術は、どんな分野でも学びの可能性を広げる一助となる。

今回新たに設置する「データサイエンス・AI教育プログラム」では、全学生共通の教養レベルの学び(リテラシーレベル)から各学部・学科の専門分野へと接続する専門応用レベルまで、大きく分けて2段階のプログラムを設置する。

全学共通科目「データサイエンス・AI入門」

全ての学部の学生が履修できる新設の全学共通科目として「データサイエンス・AI入門」を用意。高校では数理系の科目から遠ざかってしまっていた学生にも学びやすい入門科目とする。

同科目では実習として基礎的なデータ解析を行い、データ解析やAI技術を効果的に用いることによって社会経済のさまざまな課題を解決しうること、そして、それらの技術を使う上でどういうことに注意を払っていくべきか、といった内容の修得を目指す。

リテラシーレベルの修了者には修了証を発行

リテラシーレベルの修了者には、就職活動や大学院進学での利用を想定した修了証を授与。

今後は専門教育科目を含む応用基礎レベルのプログラムにおいても修了証を発行することを検討している。

なお同大では、データサイエンス・AIがもつ学びの可能性について、さまざまな学部の教員へのインタビュー企画を実施。HPにて随時詳細を公開していく。