ベネッセ、来年4月から高校で始まる新設科目「情報Ⅰ」の指導準備に役立つ教員向けオンラインセミナーを11月12日・16日に無料開催

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下:ベネッセ)は、2022年度から高校でスタートする新課程教科「情報Ⅰ」について、主に高校教員に向けたウェビナーを2021年11月12日(金)と16日(火)に開催することを発表した。

「先進校の実践から新課程「情報Ⅰ」の授業を考える」セミナー概要

2022年度からの新教育課程において、「情報Ⅰ」は新設科目であり、指導への影響の大きいことから、科目変更に伴うカリキュラム作成など、各学校で様々な準備がいよいよ進められている現状。

今回のウェビナーでは、各学校で今後の指導計画を考えるこの時期に必要な“情報整理のためのセミナー”と位置づけている。

第1部で概論を伝えた後、第2部では実践事例の紹介として情報教育の先進校である東京都立三鷹中等教育学校の能城茂雄先生を迎え基調講演を行う。

開催日

  • 2021/11/12(金) 16:00~17:30
  • 2021/11/16(火) 16:00 ~17:30(録画)

*両日の内容は同じもの。都合のつくどちらかの日程に参加すること。

形式

ZOOMによるオンラインライブ配信

対象

教員向け

参加費

無料

内容

  • 第1部 新課程「情報Ⅰ」の内容と課題整理(ベネッセコーポレーション担当者)
  • 第2部 東京都立三鷹中等教育学校 能城茂雄先生による基調講演
  • 第3部 ベネッセコーポレーションの「情報Ⅰ」に向けた支援の案内

基調講演について

  • タイトル :「新学習指導要領「情報Ⅰ」に向けて
  • 講演者 :東京都立三鷹中等教育学校 能城茂雄先生
  • 予定内容 :新学習指導要領「情報Ⅰ」の解説、「情報Ⅰ」の学習内容を見据えた授業実践紹介

基調講演を行う東京都立三鷹中等教育学校の能城茂雄先生は、経歴にもある通り指導要領の改訂や教員用研修資料の作成などを手掛けられ、長きにわたり、東京都高等学校情報教育研究会で委員を務めている。

また、様々な研究会で実践の発表や公開授業も行われており、今回の指導要領改訂前から常に先進的に情報教育の実践に取り組んでいる。

現行学習指導要領下においても、新学習指導要領「情報Ⅰ」を意識した授業を展開されていることから、今回のセミナーではその実践を発表してもらう。

講演者紹介

東京都立三鷹中等教育学校 能城茂雄先生

東京都立三鷹中等教育学校主幹教諭。奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程情報システム学専攻修了。

文部科学省学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者(共通教科情報)文部科学省高等学校情報科「情報 I 」「情報 II 」教員研修用教材検討委員、同WG委員。国際基督教大学の非常勤講師も務める。

申し込み方法

以下のリンクより申し込み。

「情報Ⅰ」授業開始に向けたベネッセの学校現場支援について

ベネッセでは、学校現場の悩みの声に応え、新課程でスタートする「情報Ⅰ」について、どう理解し、どう準備すればよいかなどについて整理した高校教員向けオンラインセミナーを7月までに3回実施してきた。

次回は2月頃に予定しており、自社の教員向け情報サイト「ベネッセハイスクールオンライン」などで発表される。

なお、過去の「情報Ⅰ」に関するセミナーは以下で視聴可能。

▶「新課程1 期生入学にむけた学びの設計と準備」ハイスクールオンラインTOP>新課程>新課程教科「情報」)

※「ハイスクールオンライン」は、高校の先生専用のサイト。専用のID/パスワードが必要。

ベネッセの「情報Ⅰ」教材サンプル(無料)提供について

ベネッセでは、2022年度の「情報Ⅰ」スタートに合わせて、学校団体専用商品として、「情報Ⅰ」のデジタル学習教材「Pスタディ デジタル・情報活用力学習プログラム」と、「Pプラス デジタル・情報活用力テスト」を発売。

現在、学校現場において次年度の授業計画に役立てもらえるよう、「Pスタディ」「Pプラス」の無料お試し版を提供している。