楽天とアメリカの子ども向けデジタル教育教材をリードするAGE OF LEARNING、ジョイントベンチャーを設立

幼児向けのデジタル学習プログラム「ABCmouse Early Learning Academy」を開発し、子ども向けデジタル教育教材をリードするAge of Learning社と、Eコマースをはじめ、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など多岐にわたる分野でサービスを提供するインターネット・サービス企業の楽天グループ株式会社(以下「楽天」)は、ジョイントベンチャーとしてのAge of Learning Japan株式会社の設立に合意したことを発表した。

これまでの業務提携という関係を発展させたAge of Learning Japan社は、「Rakuten ABCmouse」の更なる拡大に努め、「Rakuten ABCmouse」を通じて、子どもたちが世界の様々な文化に英語で触れることができる機会を提供し、知識やインスピレーションの扉を開き、自信を持って自らの道を選択することができるよう、子どもたちの未来につながる教材を一人でも多くの人に楽しんでもらうことを目指す。

Age of Learning社は、早期幼児教育の専門家とともに開発した「Rakuten ABCmouse」を通じて、子どもたちに魅力的かつインタラクティブなアクティビティによる英語教育を提供している。

この学習プログラムは効率的に英語が身につく学習サイクルをもとにデザインされた260のレッスンとオリジナル動画、ゲーム、えほんや歌などの6000以上のアクティビティで構成されており、子どもたちはそれらを通じて、日本語を学ぶのと同じ自然な順序での英語力を育む。

「Rakuten ABCmouse」の主な機能は以下の通り。

  •  革新的な音声認識技術を用いて発音を見極め、発音の向上を促す。
  • 保護者専用画面では、子どもの習得度の確認ができ、学んだ単語数や学習時間を把握することができる。
  • 直感的なインターフェースによって幼児でも積極的に学ことができる。
  •  子どものモチベーションを上げるごほうびの「チケット」で、レッスン以外にも英語を学ぶゲームやパズルなど様々なアクティビティを楽しむことができる。

Age of Learning CEO ポール・キャンドランド氏コメント

楽天の各種サービスは、日本や海外でも広く利用されております。私たちとジョイントベンチャーを展開することで日本中の子どもたちに今まで以上に最高レベルの英語教育を提供することができます。その意味でも私たちにとって日本はグローバル展開する上で戦略的に最も大切なマーケットです。

楽天グループ 常務執行役員兼インベストメント&インキュベーションカンパニーシニアヴァイスプレジデント 安藤公二氏コメント

『Rakuten ABCmouse』は、クオリティのとても高いカリキュラムで構成された子ども向け英語学習教材です。このたび、Age of Learning社と楽天がジョイントベンチャーを設立することで、より多くの日本の子どもたちに、世界レベルの英語教育を体験いただきたいと思います。

Rakuten ABCmouseについて

「Rakuten ABCmouse」はAge of Learning社の最新のデジタル英語学習教材。

Age of Learning社の研究によって証明された早期幼児教育の学習方法により「ABCmouse Early Learning Academy」は米国で業界をリードする子ども向けのデジタル学習教材として知られている。

Age of Learningについて

Age of Learningは最先端のテクノロジーを活用しデジタル教育教材を提供する企業。

子ども達が学習においても成功を感じられるよう、幼少期から強固な学習基盤を築くことを目標に、魅力的で効果的なデジタル学習教材を創造・開発している。

Age of Learningの米国での主力教材「ABCmouse Early Learning Academy」は2歳児から8歳児を対象とした業界をリードするデジタル教育教材。

英語を学ぶ「ABCmouse English」を通してグローバルに展開している他、算数、読解力、などを学べる画期的な教材を展開している。