Terra Drone、大阪府市立中学校にてドローンの可能性と社会的意義を伝える職種体験プログラムを提供

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:代表取締役 徳重 徹、読み:テラドローン、以下Terra Drone)は、令和3年度の大阪府摂津市の職種体験プロフラムに参加し、摂津市立第二中学校と第三中学校の中学2年生を対象に、これまでに7月と9月に2回のプログラムを開催した。

Terra Droneが実施した職種体験プロフラム概要

[第二中学校 職種体験プログラムの様子]

第二中学校 職種体験プログラムの様子

職種体験プログラムとは、摂津市が中学校2年生を対象に市内の企業に協力を求め、中学生が各企業に出向いてで職場体験をしてもらう活動のこと。

進路選択が始まる前の中学2年生に、働くことの意義や重要性を学び、今の自分を振り返るとともに、将来の進路について深く考えるきっかけとすることがねらい。

令和3年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、従来方式でのプログラム実施が困難となったため、各企業が中学校に出向いて2時間のプログラムを3回(計6時間)提供する開催方式へと変更になった。

7月の第1回目プログラムでは、Terra Droneの会社説明に加えてドローンの活用事例を紹介するとともに、実際にドローン飛行の様子を見てもらったり、ドローン操作の体験をしてもらったりした。

また「仕事とは何か」を考えるきっかけとして、チームに分かれて身近な課題を50個挙げるワークに取り組んだ。

第三中学校 職種体験プログラムの様子

9月の第2回目プログラムでは第1回の内容をふまえて、ドローンに結びつけて課題を解決するアイディアを発表してもらった。

12月の第3回目では中学生による最終プレゼンが予定されている。

プレゼンテーションでは、各チームのアイディア、チームワーク、プレゼン方法を評価し、本プログラムの意義を確認していくという。

現在、働くことの重要性を学び、将来の進路を考えるキャリア教育が注目されている。

職業は必然的に「知っているもの」の中から選ぶことになるため、日常生活で見えない商品やサービスは選ばれにくいという課題がある。

海外グループとともにドローンの商用化に取り組むTerra Droneは、職種体験プログラムを通じて、ドローンの活用事例や社会的意義を伝え、地域や子どもたちのキャリア教育に貢献していく。

Terra Droneについて

2016年に創業。東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中心に事業展開する、世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。

世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2021」において、産業用ドローンサービス企業として世界2位に選ばれ、2021年2月にシリーズAで15.1億円を調達した。

測量分野では大手ゼネコン・建設コンサルからの案件を中心に、世界でもトップクラスとなる2,000件以上のドローン測量/点検実績がある。

現在、国内導入実績No.1の「Terra Lidar (特許取得済)」の新型モデル「Terra Lidar One」を発売。

点検分野ではINPEXと事業構想「INPEX‐Terra Drone Intelligent Drone構想」を立ち上げ、DXを推進している。また、特許取得済みのUT(超音波探傷検査)ドローンを用いた検査技術も導入している。

運航管理分野では、大阪・関西万博の公募に対し、三井物産株式会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、朝日航洋株式会社と共同で「エアモビリティ統合運航管理プラットフォーム事業」に事業採択。

また、ドローン・空飛ぶクルマ社会の実現において必須の運航管理プラットフォームである「Terra UTM」の開発を行っている。