専修学校クラーク高等学院天王寺校、1年生全クラスで「夢検定試験」3級を受験する特別授業を開催

NPO法人夢検定協会(本部:東大阪市森河内西2-36-15、代表理事:琵琶博之)は、専修学校クラーク高等学院天王寺校とタイアップし、1年生全クラスで、夢検定試験3級を受験する特別授業を行うことを発表した。

特別授業について

日時

11月2日、9日、16日、30日/9:20~12:10(各クラス計4回 各50分)

場所

専修学校クラーク高等学院天王寺校 1年生各クラス

内容

  • 夢ややりたいことを書き出す
  • 夢の増やし方、叶え方を理解する
  • 生徒同士で夢ややりたいことを共有する
  • 夢検定試験3級の筆記試験を実施

専修学校クラーク高等学院天王寺校について

「才能開花教育」をモットーに、生徒達が自らの能力に限界を作らず、自らの得意・好きを限りなく伸ばす教育を行っている。

そのため、デジタルクリエイター・インタナショナル・総合・Esportと様々なコースを展開。

また、社会で通用する人材育成のために、「キャリア教育」を全コースで行い社会で必要なスキルを学んでいる。

NPO法人夢検定協会について

全国初となる夢の資格試験「夢検」を立ち上げて、全国に普及させていく活動を行う非営利の団体。

コロナ禍だからこそ、夢検で人々に夢ややりたいことを考えるきっかけを提供したいと考えている。

そして、誰もがワクワクできる社会の実現を目指している。