芝浦工業大学、デジタル学修歴証明書の発行を開始 

芝浦工業大学(東京都港区/学長:山田 純)は、一般社団法人 国際教育研究コンソーシアム(東京都渋谷区/略称:RECSIE)及び、国際的なIT企業であるDigitary社(アイルランド、ダブリン)の協力のもと、2021年10月21日から学修歴証明書のデジタル発行を開始することを発表した。

芝浦工業大学のデジタル学修歴証明書について

  • 世界中どこからでもオンラインで学修歴証明書にアクセス可能
  • プラットフォーム接続の海外大学と成績データ等の電子共有による効率化を図る
  • 国内外での学習、就職活動の活性化を通じ、大学および社会の国際化を推進

高等教育機関での学修歴証明書のデジタル化は、グローバル社会において海外の高度人材や留学生の獲得を進めるうえで欠かせない。

海外では1970年代からデジタル化が進められており、今日では40カ国以上の高等教育機関でデジタル化された学修歴証明書が発行されている。

しかし、日本ではいまだ殆ど普及されていないのが実情であり、芝浦工業大学は日本でも数少ないデジタル化実装校のひとつである。

今回デジタル化されるのは、卒業証明書や成績証明書などの学修歴証明書。

本プロジェクトは一般社団法人 国際教育研究コンソーシアムと、Digitary社の協力により実現したという。

これにより、世界中どこからでもオンラインで学修歴証明書にアクセスすることが可能になる。

まず、2021年10月から一部の証明書のデジタル化を開始。2022年4月からは、すべての証明書のデジタル発行開始を予定している。

これにより、終身雇用が崩れ始め、転職が当たり前となりつつある現代において、日本国内のみならず海外での就職や留学の際に、検証可能な公式証明書と真正性確認のためのリンクURLなどを自ら送付することができるようになる。

また、同学としてはプラットフォームを共有する海外の大学と相互に学修歴証明書の電子共有が可能になる。

提携校や留学生対応の際の効率化が見込まれるとともに、紙の証明書発行の減少によってSDGsに貢献できると考えられている。

芝浦工業大学は、学生のグローバル規模での活躍を今後も応援していく。

芝浦工業大学とは

工学部/システム理工学部/デザイン工学部/建築学部/大学院理工学研究科

日本屈指の海外学生派遣数を誇るグローバル教育と、多くの学生が参画する産学連携の研究活動が特長の理工系大学。

東京都とさいたま市に3つのキャンパス(芝浦、豊洲、大宮)、4学部1研究科を有し、約9千人の学生と約300人の専任教員が所属。

創立100周年を迎える2027年にはアジア工科系大学トップ10を目指し、教育・研究・社会貢献に取り組んでいる。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。