a.school、探究学習に特化した学びのプラットフォーム「探究学習100」をリリース

「学びの自由化」をビジョンに掲げ、探究学習塾の運営からフランチャイズ展開、教育・人材育成関連の企画制作を手掛ける株式会社a.school(エイスクール、以下a.school)は、探究学習に特化した学びのプラットフォーム「探究学習100」をリリースしたことを発表した。

幼児〜中高生を対象とする探究学習プログラムの数々を紹介するほか、コンテスト企画「小学生探究グランプリ」や講師養成講座「探究PLAYers!」など各種サービスと連携し、探究的な学びの全国普及を推進していく。

「探究学習100」概要

リリースの背景

2020年の学習指導要領改定を契機に、全国の教育現場で導入が進む探究学習。

学習塾や学童など民間の学び場でも、探究学習やSTEAM教育など先端教育へのニーズが高まりつつある。

2013年創業のa.schoolは、探究学習塾エイスクール(直営4校)の運営に加え、独自開発した探究学習プログラムのフランチャイズ展開(探究PARTNERS/2019年10月〜)やコンテスト開催(小学生探究グランプリ/2020年8月〜)、講師養成講座の開講(探究PLAYers!/2021年9月〜)など、探究学習の実践と普及に尽力してきた。

この間、独自開発した小学生向け探究学習プログラム「なりきりラボ®」「おしごと算数®」がグッドデザイン賞を受賞したほか、経済産業省「未来の教室」事業に採択されるなど、一定の外部評価を得ている。

探究学習の先駆者として培ってきた実績と評価をもとに、質の高い探究学習プログラムの全国普及を目指して今回公開するのが、「探究学習100」という学びのプラットフォーム。

幼児から中高生までを対象とする探究学習プログラムや全国の教室を紹介するとともに、上述のコンテストや講師養成講座など、各種サービスを一元化していく。

ロゴデザイン

無限に広がる学びの可能性を表す

「探究学習100」という名称には、「科目や学問領域に縛られずに、世の森羅万象を縦横無尽に学び尽くそう」という意味がこめられている。

「100」という数字はそのような無限に広がる学びの可能性を示し、ロゴデザインに盛り込まれた100個のイラストでこれを表現。

また、円が二つ並ぶ「00」は、物事をつぶさに観察する「眼鏡」や遠い先を見通す「双眼鏡」をモチーフに、デザインされている。

プログラムについて

グッドデザイン賞受賞のプログラムが集結!

公開時点で掲載されている探究学習プログラムは、「なりきりラボ®」「おしごと算数®」(いずれも小学生対象/2019年度グッドデザイン賞受賞)の二つ。

「探究学習100」の公開と同時に、両プログラムのロゴデザインを改めている。

いずれも職業テーマを軸とする20前後のプログラムにて構成されるシリーズで、既に全国22都道府県53教室(*2021年10月現在。開講準備中を含む)で開講されている。

直近では北陸(石川県金沢市および新潟県新潟市)での開講が決まっている。

また、年内には幼児を対象とする「あそびツクール」の提供を開始予定。

これは「あそびラボ」の名称にて既に1年以上の開講実績があるもの(*探究学習塾エイスクール直営2校およびパートナー1校)を、ブランドリニューアルのうえ本格的に展開される。

このほか、中高生を対象とするものやSTEAM教育に特化したものなど、今後順次プログラムを拡充し、幅広い年齢層の人々に利用してもらえるようなプラットフォームを目指す。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。