パソナグループが約3,000名のDX人財を育成へ、一環としてIT未経験者を対象とした『デジタル・アカデミー社員』300名を募集

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、DX時代を担う人財の育成や、デジタル技術・データ活用を通じた新規事業・サービスの開発を目的に、パソナグループの従業員を対象に“リスキリング”による研修プログラムを拡充し、2024年5月までにグループ全体で約3,000名のDX人財を育成することを発表した。

また、その取り組みの一環で、IT未経験者を対象に、ITスキルを高める1年間の研修やOJTなどを通じて、グループのIT人財を育成するプログラム『デジタル・アカデミー社員』300名の募集・採用を、10月20日(水)より開始する。

昨今、デジタル技術やデータ活用によって、ビジネスモデルや、業務、組織、企業文化等を変革し、競争上の優位性を確立するDX(デジタルトランスフォーメーション)に注目が集まっている。

また、コロナ禍でリモートワークなど働き方が変化する中、企業が事業を継続するためにDXを推進していく必要性はより顕著になっている。

そこで今回、パソナグループはグループ社員全体のITリテラシー向上や、DXを推進する専門人財の育成、顧客に対しデータとデジタル技術を活用した新たなソリューションを開発・提供することを目的に、従業員向けの研修プログラムを拡充する。

また、主にIT未経験者を対象にした人財育成プログラム『デジタル・アカデミー社員』の募集・採用も開始。

基礎的なIT知識やビジネススキル、ローコード※での業務アプリケーションの開発等を半年間の研修を通じて学ぶ。

研修後は、グループ各社のIT部門で社内システムエンジニアとして業務に携わりながら、AIに関する基礎知識や、仮想案件を使ったデータ分析手法の習得ができる選抜制の研修で、より専門性の高いスキルを身につけることもできる。

パソナグループは、本取り組みを通じて、DX推進を担う人財を輩出するとともに、既存サービスに新たな付加価値を生み、顧客満足度のさらなる向上を目指す。

ローコード開発とは、少ないソースコードでアプリケーションを開発する手法のこと。

『デジタル・アカデミー社員』 募集概要

開始

10月20日(水)

内容

グループ全体のDX推進を目的に、主にIT未経験者を対象に、半年間の研修やOJTなどを通じて、ITの基礎スキルを身に着け、グループのIT部門で活躍できる人財を育成する

採用人数

300名

雇用形態

株式会社パソナグループの正社員(契約社員での登用もあり)

勤務時間

9:00~17:30(実働7.5時間) ※担当顧客により就業時間帯が変更になる場合あり

就業場所

東京、大阪、兵庫県淡路島

内容

下記研修プログラムを提供(半年間)

研修内容例

  • IT基礎:ITの基本的な用語や、ネットワーク、プログラミングなど基礎的な知識を習得する
  • ビジネス基礎:ロジカルシンキングや、プロジェクト管理の方法など、ビジネスの場面で必要となる基礎的な手法を学ぶ
  • アプリケーション開発基礎:業務アプリケーションの開発をローコードで実現できるプラットフォームの活用方法を学び、アプリケーションの開発を行う

※上記研修プログラムが終了後、パソナグループ各社のIT部門にて、社内システムエンジニアとしてシステム設計や運用・保守、アプリケーション開発などの業務に従事。配属後、適性や業務の状況に合わせてAIや、データ分析について学べる研修(選抜制)も実施する。

待遇・給与

年収300万円~