アスクル、内閣府・文部科学省・経済産業省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に賛同

アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:吉岡晃、以下「アスクル」)は、内閣府・文部科学省・経済産業省の3府省が連携し、各大学・高等専門学校における数理・データサイエンス・AI教育の取組みを奨励するための認証制度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に賛同したことを発表した。

今後、経済産業省の「MDASH SUPPORTERS」※の協力企業として、大学等の教育プログラム開発・実施の際には、アスクルから事業課題やデータ、指導員を派遣する予定。

MDASHとはApproved Program for Mathematics, Data science and AI Smart Higher Educationの略。

数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度とは

数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度とは、内閣府・文部科学省・経済産業省の3府省が連携し、各大学・高等専門学校における数理・データサイエンス・AI教育の取り組みを奨励するための認定制度。

内閣府により示された「AI戦略2019」において、データとデジタル技術を活用したビジネスモデルの抜本的な変革(DX)をしていくことが重要で、このDXを担う人材として、「数理・データサイエンス・AI」を理解し、活用できる人材が必要であるとされている。

これらを身につけた人材を育成する仕組みとして、大学(大学院を除く)、短期大学、高等専門学校が実施する教育プログラムを認定する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」が創設された。

アスクルは「MDASH SUPPORTERS」として、数理・統計学を学んだ若い人々の力が社会で発揮され、日本の競争力が高まることを期待し、本プログラムに協力していく。

※本リリースに掲載の情報は発表日現在の情報。その後予告なしに変更されることがある。