Monozukuri Ventures、パーソナルロボットやゲームでSTEM / STEAM教育に取り組むDigital Dream Labsに出資

ハードウェア・スタートアップ特化型VCファンドを運営する株式会社Monozukuri Ventures(本社:京都市及び米国ニューヨーク市、CEO:牧野成将)は、Digital Dream Labs(本社:米国ペンシルベニア州、CEO: H. Jacob Hanchar)へ出資を実施したことを発表した。

Digital Dream Labsは、2012年に設立された、教育ゲームを開発する米国ピッツバーグのスタートアップ。

2019年に教育玩具ロボットを開発するAnkiの資産を取得し、就学前から高校生までの各年代に、遊びを通して学べるゲームやロボットを提供している。

2009年にオバマ大統領が米国科学アカデミーでの演説でSTEM教育※の重要性を演説して以来、アメリカは世界を牽引する経済大国であり続けるために、国を挙げてSTEM教育に取り組んでいる。

STEM教育関連予算は、毎年数十億ドルが投入され、今後不足するとされるSTEM分野の人材育成に充てられている。

STEM教育…科学、技術、工学、数学の分野を統合的に学び、科学技術に長けた人材育成を目的とした教育プラン。STEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Math(数学)の頭文字をとったもの。

しかし、学習は子供にとって必ずしも楽しいものであるとは限らない。そこで、Digital Dream Labsはロボットやゲームでの遊びを通じた学習機会を提供する。

同社が実施した調査によれば、Digital Dream Labsのツールを8週間利用した生徒は、プログラミングと論理的思考の能力において10%~25%の増加が確認できたという。

Digital Dream Labsは既に、米国を中心に300万人を超える顧客を有しており、EdTech市場での高い知名度がある。

また、2020年の収益は前年比4倍と、パンデミックにもかかわらず劇的な成長を続けている。

Monozukuri Venturesはシード〜アーリーステージのハードウェア・スタートアップへの投資と、試作・量産コンサルティングを通じて、世界中の起業家が高品質の製品を、少量でも素早く生産・販売することができる世界の実現を目指している。

2021年2月には日米のハードウェア・スタートアップにフォーカスした「Monozukuri 2号ファンド」の一次募集完了を発表。

今後も引き続き国内機関投資家や事業会社と共に、世界に進出するハードウェア・スタートアップを支援していく。

Digital Dream Labsが提供する主なプロダクト

Cozmo (教育玩具ロボット)

Cozmo (教育玩具ロボット)

InfiniDrive(レースゲーム)

InfiniDrive(レースゲーム)

Vector(AIコンパニオンロボット)

Vector(AIコンパニオンロボット)