教員専用クラウドサービス「Teachers Cloud」450自治体で導入、約1,500校で利用開始

株式会社リンクアンドモチベーション(本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、証券コード:2170)のグループ会社で、小・中・高等学校を対象としたALT(Assistant Language Teacherの略、外国語指導講師)の配置を行う株式会社リンク・インタラック(本社:東京都中央区、代表:山口 巳貴)は、提供する教員専用のクラウドサービス「Teachers Cloud」が、全国1,718自治体の4分の1を超える450自治体で導入、約1,500校で利用開始されたことを発表した。

「Teachers Cloud」について

リンク・インタラックは、全国各地の小・中・高校に毎年3,000人以上のALTを派遣しており、民間企業で圧倒的No.1のシェアを確立している。

「Teachers Cloud」は、これまで培ってきた実績とグループのコンサルティングノウハウを活用し、英語授業準備の業務効率化や先生の英語力や指導力向上を目的に、2021年6月にリリースされたクラウドサービス。

教育現場でもデジタル化が急速に推進される中で、教員の生産性と指導力の向上に多くの期待が集まり、リリースから4カ月で導入された450の自治体のうち、すでに利用率は75%を超えている。

Teachers Cloudには、主に「教材」「スキルアップ動画」「ALT活用実践動画」のコンテンツを掲載し、「教材」は小学校、中学校は各検定教科書に対応した指導案やワークシート、絵カード、歌、動画などの視聴覚教材、高校は技能統合型活動案集等、全部で15,000点を超える豊富なコンテンツが収録されている。

「スキルアップ動画」は有識者の講演動画や、その日の授業のネタとしてすぐに使える指導実演動画を掲載。

「ALT活用実践動画」は、全国にALTを派遣している同社だからこその強みを生かし、全国の学校現場の実際の授業を撮影・編集し、公開している。

コロナ禍で対面の研修や公開授業の機会が激減している中、先生が各自で視聴でき、指導力の向上につなげられることから、利用学校数も着実に増えているという。

教育現場から寄せられた声

長年全国各地にALTを派遣し、先生と共に英語の授業づくりをしてきた同社だからこそ提供できるコンテンツに、全国の先生や教育委員会より多くの反響が寄せられているという。

実際に利用した先生から

  • 「小学1・2年の指導案作成で困っていたところ、ちょうど公開されて助かった」(小学校 英語担当)
  • 「歌やカードなどの教材がまとまっているので、授業準備が楽になる」(小学校 英語担当)
  • 「指導案や動画を見て、先生自身が自分で勉強できるのがいい」(小学校 教頭)

教育委員会から

  • 「コロナ禍で学ぶ機会も減っている先生方にとって、このような提案は素晴らしい」(教育委員会 指導主事)
  • 「大変わかり易い。忙しい先生方でも開いてみようと思ってくれる。ぜひ紹介したい。」(教育委員会 課長)

今後の展望

引き続き、全国の先生とのネットワークを活用しながら、タイムリーに意見を反映していくことで、サービスコンセプトである「授業の準備を”ラク”に、授業を”楽しく”」を実現し、先生の授業改善、そして子供たち一人ひとりが自分の可能性に気づくきっかけづくりを支援していく。

加えて、「Teachers Cloud」が教育現場にとってのインフラとなることで、ALT配置事業のシェア拡大をさらに加速させていく。