FIF、二進数を楽しく学べるコンテンツ「web で学ぼう!」を公開

フューチャー イノベーション フォーラム(代表:金丸恭文・フューチャー株式会社会長兼社長、以下FIF)は、コンピューティングの基礎である「二進数」について楽しく学べる学習コンテンツ「web で学ぼう!」をFIF公式サイトで公開している。

「二進数」を学べる学習コンテンツ「web で学ぼう!」概要

FIFは、フューチャー株式会社が運営する社会貢献団体として今年で設立15周年を迎え、これまでにのべ6,400名を超える人々に参画してもらっている。

設立当初より最新のテクノロジーをテーマとしたセミナーやワークショップを開催し、子どもたちへ向けたコンピューティングプログラムにも力を入れている。

今年の10月10日、11日は、デジタルに触れ、使い方や楽しみ方を見つける日として新設された記念日「デジタルの日」である。

FIFでは、「新型コロナウイルスの経験と医療 DX の可能性」と題したオンラインセミナーを開催し、競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE for Youth+」を開催するほか、子どもたちが「デジタル」に触れるきっかけとして活用してくれることを期待し、学習コンテンツ「web で学ぼう!」を公開している。

「web で学ぼう!」は、FIFが 2010 年に小学校にて実施した出張授業「デジタルってなんだろう?」をもとに構成した学習コンテンツ。

まず、コンピュータがあらゆる情報のやりとりを「0」と「1」で行うことを学習し、次に、かき氷のトッピングを例に「なし」を「0」、「あり」を「1」に置き換えることで複数パターンのかき氷が表現できることを学び、「二進数」の考え方を理解する。

最後は応用編として、制限時間内に 3 桁の暗証番号を「0」「1」の「二進数」に変換することで爆弾を解除するゲーム
に挑戦。

現在日本では、高校「数学 A」で「二進数(n 進法)」を学習するが、「二進数」をより早い段階から楽しく学ぶことで、IT への理解と関心を高めてもらうことが狙い。

FIFは、今後も多くの子どもたちに良質なコンテンツとテクノロジーに触れる場を提供することで、SDGs のゴール 4「質の高い教育をみんなに」の達成に貢献していく。