3,400教室以上が活用する学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社の『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』を提供

モノグサ株式会社(東京都文京区 代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑)は、提供する記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」が、株式会社旺文社(東京都新宿区 代表取締役社長:生駒大壱)よりライセンスを受け、Monoxer上で『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』の2級~5級を導入教室向けに10月7日(木)にリリースしたことを発表した。

Monoxerにて、新たに『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』の販売を開始し、最新の出題傾向に即した内容でより効率的に漢検対策を行うことが可能になった。

Monoxerは生徒数が数万人の大手塾・予備校から、生徒数が数十人の地域密着型の塾、および学校現場での導入実績があり、生徒の記憶定着を支援するために様々な教科・用途で活用されている。

その一環として、2020年3月より、旺文社の『英検®でる順パス単』をベースとした英検対策教材を、2021年4月より『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ』をMonoxerの法人利用ユーザーに向けて提供し、塾や学校現場での英検®や漢検取得ニーズの高まりに応えてきた。

今回、更に多くの人に使ってもらえるよう『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ』を最新の五訂版に対応し、近年の出題傾向に密着した内容で効率的な漢検対策を実現する教材として提供する運びとなった。

Monoxerの“手書き学習機能”について

​漢字学習に有効

Monoxerには、先生の意思に応じて様々な形式で問題を出題できる特長がある。

その中の1つとして手書き形式の出題機能があり、スマートフォン・タブレット上での漢字やひらがなの手書き学習を実現している。

Monoxerが、書き順の正しさと文字の形の正確性の面で、非常に精度の高い正誤判定を行うことで、生徒に間違った書き順や文字の記憶が定着しないように配慮をしている。

Monoxer上で『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』を学習する際には、この“手書き学習機能”も活かしながら漢字を実践的に身に着けることが可能となっている。

教材『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』について

『でる順×分野別漢検問題集 シリーズ 五訂版』は、過去の出題傾向を分析し、限られた時間でピンポイントに学習できるように編集されている。

本書の特長は次の通り。

  • データ分析に基づき、出題頻度の高い問題を3段階の「でる順」で掲載されている。
  • 「でる順」内は、「書き取り」「読み」など分野別に構成。

さらに、MonoxerにおいてはAIが様々な形式で繰り返し出題を行うことで、記憶の定着を推進し、管理する。