ドロージョプラスとGKCors、渋谷区で小学生対象の「ドローン×英語×プログラミング教室」を開催

株式会社Kanatta(本社:東京都目黒区、代表取締役:井口恵)が運営する【ドロージョプラス】が、【GKCors(ディレクター:満木夏子)】と協業し、2021年8月28日(土)に東京都渋谷区広尾にあるキャンパスでプログラミング教室を開催した。

ドローンジョプラス×GKCors プログラミング教室の概要

  • 日時:2021年8月28日(土)10:00~12:00 ※開催済み
  • 場所:GKCors 広尾キャンパス
  • 住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-8-12 広尾飯田ビル2階
  • 参加費:3,300円 (税込み)
  • 参加人数:7名 ※感染症対策徹底のもと、適切な人数で実施
  • 参加年齢:小学生
  • 講師:1名
  • アシスタント:2名

ドローンジョプラスは2016年6月に結成。

主に関東・関西を中心に、毎月の勉強会やドローン体験会、プログラミング講座、空撮ツアー、地方でのPR活動など、ドローンの魅力を発信し続けている。

今回は英語×ドローン×プログラミングを組み合わせた勉強会を開催。

本プログラミングコンテンツは、パソコンの画面上で学ぶのではなく、ドローンを実際に飛ばして学ぶ。

英語で書かれたプログラムでドローンを制御して飛行することで、想定通りの動作をするかを確認する。

こういった試行錯誤を繰り返すことで、論理的思考を身に付けることができる。

タイムスケジュール

  • 9:45 受付開始
  • 10:00 1時限目スタート(55分)
  • 10:55 終了(休憩10分)
  • 11:05 2時限目スタート(55分)
  • 12:00 終了
  • 13:00 完全撤収

1時限目(基礎)

英語を学べることも目的としているため、初めの挨拶や講師紹介は英語と日本語で実施。ドローンの危険性についてもしっかり伝える。

プログラミングのミッション(動作指示)を英語で言ったり身体で表現をしたりと、実際に身体を動かすことでプログラミングの仕組みを理解する内容。

2時限目(応用)

実際にドローンをプログラミングで動かす。

自分たちで選んだ動物の絵のパネルに向かって、ドローンを離陸から着陸させるまでのコースをプログラミングし、見事絵の上に着陸させることができたらパネルをゲットできる。

遊び感覚で楽しみ、五感を使いながらの学習のため好奇心を刺激し続けることが可能。

専属の講師は授業以外の時間も、技術を習得できるようになるまでしっかりサポートを行った。

全体を通して

子供たちは日頃から英会話教室でコミュニケーションを取っていることもあり、団結力(チームワーク)を感じられたという。

試行錯誤を繰り返しながらゴールに近づけていく。その過程が、論理的思考を身に付けることに繋がると考えているという。

アシスタントはドローンジョプラスメンバーから2名。ドローンの操縦体験会の講師は経験はあるが、今回のプログラミング案件は初めてだった。

子供も講師・アシスタント側も共に学び成長する場となったようだ。