プログラミング能力検定、2022年より『テキスト言語版』を実施

株式会社プログラミング総合研究所(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:飯坂正樹)は、2022年より「プログラミング能力検定テキスト言語版」を実施することを発表した。

プログラミング能力検定『テキスト言語版』について

プログラミング総合研究所は、2022年度より高等学校にて「情報Ⅰ」が必修化されることを背景に、中高生のプログラミング学習における、より高レベルなニーズに応えるべく、今回新たに、プログラミング能力検定テキスト言語版を実施する。

プログラミング能力検定テキスト言語版は、レベル1~6の全6段階で能力を測ることができ、2022年2月検定より一部のレベル、同年6月検定以降は6レベルすべてを受検できる。

採用言語は、JavaScriptから開始し、順次Pythonなど他言語にも対応。

プログラミング総合研究所は、2024年度からの大学入試共通テストに向け、プログラミング能力のアセスメントとしての位置づけも強めていくとともに、今後も幅広い層のプログラミング学習ニーズにもしっかりと応えていく。

「テキスト言語版」と「ビジュアル言語版」の違い

今回実施されるプログラミング能力検定テキスト言語版では、ビジュアル言語版と比べ、より高レベルなプログラミング能力の測定が可能となる。

ビジュアル言語版の主な対象者が小学生を中心とした低年齢層であったのに対して、テキスト言語版では、中高生も含めた幅広い層の受検を想定している。

「プログラミング能力検定」について

「プログラミング能力検定」は、小学生から高校生、高専生までプログラミングを学ぶ子どもたちの学習の指標となるべく開発した検定。

小学校・中学校での「プログラミング教育」の必修化や、2022年度の高校における「情報Ⅰ」導入、2024年度の大学入学共通テストで試験教科となるとされている「情報」への対応など、各教育機関がプログラミング教育を推進する中で、その目標設定や評価のためのわかりやすい尺度を示すことを目指している。

2020年にスタートし、検定の主旨に賛同した教育機関を中心に当初の想定を大きく超える全国1,600以上の会場で実施され、公立小学校や中学、高校、高専での導入事例も出てきている。