レアジョブが外国語教育支援事業のボーダーリンクの株式49%を取得、ALT人材派遣とオンライン英会話で新たなシナジー創出

人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出す株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、2021年10月1日付けで、株式会社ウィルグループの連結子会社で外国語教育支援事業を展開する株式会社ボーダーリンク(以下、ボーダーリンク)の発行済株式の49%を取得することを発表した。

また株式会社ウィルグループが引き続き保有する51%について、2023年4月1日以降に行使可能なコールオプションが付与されているため、両社の事業シナジーを創出され、ボーダーリンクの企業価値向上を実現できた場合には、レアジョブは、コールオプションを行使し、連結子会社化することを想定しているという。

レアジョブグループが文教事業において目指す姿

昨今のグローバル化に対応するため、幼児から高校生まで年齢を問わず英語教育の重要性は高まっており、学校教育では特定の技能に偏らず、英語4技能(「聞く」「話す」「読む」「書く」)を総合的に育成することが求められている。

一方で、英語を「話す」力の育成において、教育現場では学級担任や英語担当教師、ALT*が指導する場合、児童や生徒一人ひとりが授業内で英語を話す機会を十分に担保することが難しく、英語コミュニケーション量が限られてしまうことが課題だった。

*ALT(外国語指導助手):Assistant Language Teacherの略称で、英語を母語とする指導助手。小中高等学校の英語の授業において、学級担任の補佐を行い英語発音やコミュニケーションについて指導を実施する。

この課題に対し、レアジョブグループの文教事業では、オンライン英会話サービスを提供し、オンラインでフィリピン人講師と児童や生徒をつなぐことで、一人あたりの英語の発話量向上に寄与してきた。

しかしながら、成長段階の児童や生徒を対象とした英語学習においては、発話量の確保だけでは不十分である。

学習方法そのものの習得段階において自律的な学習に十分慣れていない児童や生徒も多く、英会話をオンラインで学ぶだけでは、モチベーションを維持しながら効果的に英語を学び続けることが難しいからである。

今回、ボーダーリンクと連携することで、従来のオンライン英会話サービスで発話量を担保し個別最適な学習方法を提案することに加え、ALTによるオフラインの学習機会も合わせて提供することで、モチベーション喚起を含めたより効果的な英語学習の提案を実現していく。

ボーダーリンク株式の取得で実現できること

ボーダーリンクは、関東・中部・関西圏の学校に対しALTの人材派遣、及び英会話スクール(東京都のみ)を運営しており、一定の市場規模が確立されたALT人材派遣市場において過去3年で売上高を1.6倍に伸ばすなど、数多く事業者が存在するALT人材派遣業界でも上位のシェアをもっている。

それに加え、レアジョブグループが文教事業において新たな改革を推し進めるにあたり、そのパートナーとして実力を兼ね備えた優れた企業であることから、今回の出資に至ったという。

ボーダーリンクとレアジョブの事業シナジーについて

  • ALT人材の教室派遣とオンライン英会話サービスをパッケージ化することで、他社と差別化したサービスを提供
  • レアジョブの文教事業子会社の顧客基盤を活用した取引の拡大
  • レアジョブのフィリピン人講師をALT人材の候補プールとすることで、人材確保が課題となっているALT人材の供給を安定化
  • ALT人材の空き時間に「レアジョブ英会話」講師として稼働させることでの就業機会の増加・多様なバックグラウンドの講師からのレッスン提供を通じた、学習体験の向上

ALT事業における中期的な展望として、小中高等学校への提供にとどまらず、未就学児向けや学童領域への展開も見据えていく。

そして、レアジョブグループの文教事業が目指す「将来グローバルに活躍できる人材を生み出すこと」の実現に向け、さらなる事業成長を推進していく。

ボーダーリンク株式の将来的な追加取得について

今回、ボーダーリンクの株式49%を取得する。

残り51%分の株式につきましては、2023年4月に行使可能なコールオプションを設定しており、レアジョブとしては追加取得を行う予定。

レアジョブグループの事業展開について

レアジョブグループでは、グループビジョン“Chances for everyone, everywhere.”に基づき「グローバルに人々が活躍する基盤を作る」ことを目指している。

マンツーマンのオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」を中心に、”英語を話せるようになる“ためのサービスを展開。

また、グローバルリーダー育成事業や、グローバルに活躍する機会創出を目指すキャリア関連事業への展開を進めていく。

ビジョン実現に向け、今後もEdTech業界のリーディングカンパニーとして、国内のみならずグローバルな事業展開を推進していく。

イメージムービー:レアジョブが描く少しだけ未来の風景