学校向け『スタディサプリ』がMicrosoft 365と連携、Microsoft アカウントでログイン可能に

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、学校の先生向けサービスにおいて、Microsoft 365との連携を開始したことを発表した。

これにより、Microsoft 365などのマイクロソフトのクラウドサービスを導入している学校において『スタディサプリ』へMicrosoft 365のアカウントでのログインが可能となる。

機能連携の目的と概要

これまでリクルートは、学校向けに提供している教職員向けの機能『スタディサプリ for TEACHERS』を通し、学習を児童・生徒頼りにするのではなく、宿題配信や進捗管理、先生からの学習の伴走・サポート、よりよい指導の実現を目指しサービスを提供してきた。

高校を中心に導入が進み、全国約5,000校のうち2,998校で導入されている。

今回、『スタディサプリ for TEACHERS』はMicrosoft 365のアカウントとID連携が可能となった。

これにより、Microsoft 365などのマイクロソフトのクラウドサービスを使用している学校において『スタディサプリ for TEACHERS』へMicrosoft 365のアカウントでのログインが可能となる。

『スタディサプリ for TEACHERS』は、2020年11月にGoogleが提供するGoogle Workspace for Educationとも連携をしており、今回のMicrosoft 365との連携によって、学校現場で利用する先生のID管理の手間が省け、利便性がさらに向上する。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 パブリックセクター事業本部 文教営業統括本部長 中井陽子氏 コメント

この度、高校を中心に非常に多くの学校現場で活用が進んでいるリクルート様の『スタディサプリ』がMicrosoft 365との連携を開始したことを大変うれしく思っています。

ICT活用に向けた一人1台の端末整備が進む中で、校務・教務においてさまざまなサービスを使い分ける際のアカウント管理は課題の一つになっておりました。今回の連携によりアカウント管理の負担も減り、教職員、児童生徒の利便性がさらに向上すると考えています。

今後も『スタディサプリ』との連携を通じて、日本中の様々な自治体・学校でのICT を活用した効果的な学びと教育変革の実現を支援してまいります。

株式会社リクルート 執行役員 山口文洋氏 コメント

日本の教育現場の先生方には、これからの時代に必要な自立した学習者を育てる力を持っていらっしゃるにもかかわらず、時間的・環境的制約によってその力を最大限に生かすことができていない現状に課題を感じてきました。

『スタディサプリ』というICTを活用して効率的に学習を進めることで、先生方には生徒の士気を上げたり、非認知能力を高めたりすることをコーディネートする役割に専念していただけるよう、リクルートとして貢献していきたいと思っています。さらに多くの学校現場での利便性向上につながればという思いからMicrosoft 365との連携を始めます。今後も、学校現場でのご意見を反映し機能向上に努めてまいります。