PR TIMESと探究型EdTech教材の「Inspire High」が資本業務提携

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、世界中の創造力と10代をつなぐEdTechプログラムを手がける株式会社Inspire High(本社:東京都世田谷区、代表取締役:杉浦太一、読み:インスパイア・ハイ)に出資し、資本業務提携契約を締結したことを発表した。

PR TIMESとInspire Highの業務提携概要

【教育×PR】 次世代の行動者を生む連鎖への挑戦

変化が激しく予測困難で不確実な現代社会において、探究的な考え方を働かせ、生き抜く資質・能力を育成することが叫ばれている。

主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の重要性が増しており、全国の高校で2022年から「総合的な探究の時間」が本格始動するなど、生徒たちが社会について学ぶことが求められている。

Inspire Highは、世界中の創造力と10代のためのEdTechプログラムとして、普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、映画監督、漁師、科学者などクリエイティブに生きる大人たちと、「答えのない問い」について考え、同世代で共有し合う双方向型の学びを提供している。

中学・高校向けのEdTech教材として、「総合的な探究の時間」「特別活動」「道徳」「公共」などの授業での活用や、各校独自のキャリア教育やSDGs教育などに幅広く利用されるなど、2020年1月の事業開始から累積利用者が2万人を突破している。

また、2020度に経済産業省「未来の教室」実証事業に採択され、同省の「EdTech導入補助金」は2020年度に続き2021年度も交付決定事業者に採択された。

PR TIMESは、ミッション「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」を実現するために存在する。

事業を通じてニュースの主役を変えたい、行動者のポジティブなニュースを伝え、働く人を前向きにしたいと考えているという。

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」は利用企業が5万4000社を超え(2021年5月末時点)、累計プレスリリース件数が100万件を突破。

PRを民主化して社会へ根付かせるため、「PR TIMES」は日本の情報インフラを目指している。

そのためには、未来の行動者がPR思考を持って情報に向き合える社会づくりが必要と考え、2020年9月には、立命館アジア太平洋大学(APU)と連携し、APU起業部の学生に広報PRについて授業する取り組みを行い、キャリアの早くからPR思考を醸成することの大切さを伝えてきた

PR TIMESとInspire Highは、10代の創造性の喚起とそこから生まれる行動者の支援を目的に、資本業務提携を締結。

PR TIMESがInspire Highの第三者割当増資を引き受けて出資する。

Inspire Highが届けるインスピレーションは、10代の生徒を行動者に変えるきっかけとなる。

PR TIMESのミッション実現に資する未来の行動者を生む事業への支援と、その行動者たちからの情報が発信されるための連携を目指している。

また、教育とPRが相互作用することで、若年層にPRの思考が根付き、主体的に行動を起こす次世代の人は行動したことを伝えようと情報発信する。そして、行動者による情報は受け手を新たな新たな行動に導き、その連鎖が未来を前進させると信じているという。

両社は、事業シナジーを追求するとともに、Inspire Highの利用拡大、学校広報の開拓、次世代の行動者のPR支援、広報PRの学習体験などを通じ、教育から行動者を育み、その行動が伝わることで次なる行動者が生まれる、ポジティブな連鎖を創り出すことに挑戦していく。

提携によせるコメント

株式会社PR TIMES 取締役 経営管理本部長 三島映拓氏

教育×PRが次世代の行動者の連鎖を生むと信じています。「10代にインスピレーションを届ける」Inspire Highと、当社「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」とのミッション共鳴、事業シナジーの可能性を強く感じ、出資と業務提携を決めました。

世界中のガイドとの対話が10代の可能性を刺激し、行動者を育む。その行動が伝わり、次なる行動者の連鎖へと繋がる、その未来に高揚せずにいられません。

株式会社Inspire High 代表取締役 杉浦太一氏

「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というPR TIMESのミッションにかねてより共感していました。Inspire Highのミッションは「世界中の10代をインスパイアする」です。まさに、世界で活躍する行動者が10代の心を揺さぶり(=インスパイアし)、さらにそこで変化した10代が行動者になることを目指しています。

これから、共に事業を成長させていただくことで、両社のミッションをより高い次元で実現したいと思います。

Inspire Highについて

Inspire High(インスパイア・ハイ)は、世界中の創造力と自分をつなぐ、10代のためのライブ配信プログラム。

ライブ配信プログラムを通して、普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者などクリエイティブに生きる大人たちと、答えのない問いについて考え、共有しあう。

スマートフォンとインターネットさえあればどこからでも参加できる。

一般利用だけでなく、各都道府県教育委員会や中学校、高校と連携し、キャリア教育やクリエイティブ教育の教材としても数多く活用されており、経済産業省の2020年度「未来の教室」実証事業、及びEdTech導入補助金対象事業にも採択されている。

2021年度からは、学校向けプランを刷新し、学校現場での導入に最適化されたプログラムの提供を正式に開始している。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。