墨田区の小学6年生、開発着手から2週間でスマホアプリ「すみだくいず」をリリース

東京都墨田区の小学6年生の中村正人くんがスマートフォンアプリ開発教育事業を手掛ける株式会社セラピア(本社:墨田区、代表取締役:田中圭)の支援を受け、アプリ開発開始から2週間でスマートフォンアプリ「墨田区イズ=すみだくいず」をリリースしたことを発表した。

アプリ「墨田区イズ=すみだくいず」概要と開発の背景

セラピアと正人くんが知り合ったきっかけは、同区が今年6月に開催した区内産業を担う次世代人材育成のための「サブス区小学生スタートアッププロジェクト2021」に正人くんが応募したことがきっかけ。

以降、夏休みの自由研究としてアプリ開発のアイデアが持ち上がり、実際に動き出したという。

正人くんにとって初めてのスマホアプリ開発だったが、セラピアの講師の指導・支援の下、開発着手から2週間でiOSとAndroid用のアプリのリリースに至った。

「墨田区イズ」の想定ユーザーは、近年、人口が増大する同区への転入者や、東京スカイツリー竣工をきっかけに同区に興味を持つ観光客など。

正人くんはクイズを作るために墨田区長に直接インタビューを行っている。このアプリの内容は、継続してアップデートしていく予定。

セラピアは「共にポテンシャルある社会を創る」をミッションに掲げており、セラピア代表の田中氏は子どもたちにものづくりの楽しさや体験をしてもらいたいとの思いがあるという。

スマホのアプリづくりを通じて、身の回りの問題を解決する力を身につけてもらうことを目指している。

中村正人くん(左)と山本区長(右)

正人くんのコメント

自由研究でアプリをつくってみようと思いました。初めての経験で、分からないことがたくさんありましたが、セラピアの芳賀さんからアプリ制作の基本的な作業工程を教わり、2週間でリリースまでに辿り着きました。

このアプリをたくさんの人に使ってもらい、墨田区のことをもっともっと知ってもらいたいです。

山本亨墨田区長のコメント

小学生の夏休みの自由研究がスマホアプリ開発ということに非常に驚きました。今回の中村さんの取り組みがモデルとなり、区内の子どもたちの様々な挑戦に繋がっていくと良いと感じます。