早稲田アカデミー、「早稲田アカデミーOnline」をアプリ化・答案提出アプリ「早稲田アカデミーEAST」の機能を拡充

小・中・高校生対象の進学塾を運営する株式会社早稲田アカデミー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:山本 豊)は、9月より、これまで提供してきた「早稲田アカデミーOnline」をアプリ化するとともに、答案提出アプリ「早稲田アカデミーEAST(Electronic Answer Sheet Transfer)」の機能を拡充することを発表した。

 「早稲田アカデミーOnline」アプリ化について

「早稲田アカデミーOnline」は、早稲田アカデミーのWebサービスを利用する全ての生徒・保護者を対象としたもの。

このポータルサイトは、同社のさまざまなサービスのデジタル化・オンライン化を加速させるための基盤であり、次世代型教育サービスのプラットフォームである。

これまではWebサイトとして提供されてきたが、9月よりiPhone及びAndroid スマートフォンのアプリとして提供される。

「早稲田アカデミーEAST」について

「早稲田アカデミーEAST」は、自宅受験した模擬試験の答案用紙をスマートフォンやタブレットで読み込むだけで簡単にアップロードできるアプリ。

「早稲田アカデミーEAST」を使うことにより、受験後に答案用紙を「郵送する、宅配便で送る」「校舎に届けに行く」「写真を撮ってメールで送る」といった作業が不要になる。

また、首都圏外や海外に住む人へも、遅れることなく採点・添削・結果のフィードバックが可能となる。

2020年5月の提供開始から1年を経て、現在同社で実施しているほぼすべての模擬試験は、「早稲田アカデミーEAST」から答案を提出できるようになっている。

①今回の機能拡充

これまで行っていた模擬試験の答案用紙に加えて、授業後に取り組んでもらう家庭学習などの課題も「早稲田アカデミーEAST」から提出することができるようになる。

②「EAST 受信BOX」

さらに、添削済みの課題は、新たに提供を開始する「EAST受信BOX」にPDFファイルで返却される。

「次の授業日」を待つことなく課題が返却されるので、学習サイクルが大幅に短縮。効率よく学習を進めることができるようになる。

例えば、これまでは、日曜日の授業で出された課題は翌週の日曜日に提出し、翌々週に返却されていた。

これからは、「早稲田アカデミーEAST」を活用することで課題を実施したらその場で提出ができ、最短即日に返却される。

課題が返却されたときには、新たに提供される「早稲田アカデミーOnline」アプリからプッシュ通知が届くのでタイミングを逃すこともない。

※ ①・②のサービスは、一部のコース(小6NN志望校別コース、中3必勝志望校別コース)から順次提供を開始し、適用コースを拡大する予定。

早稲田アカデミーでは、これからもICTを活用した学習環境の充実に取り組むとともに、授業や教材等を含めたサービス品質の向上を通して、教育理念である「本気でやる子を育てる」の実現を強力に推し進めていく。