セガ、青山学院横浜英和中学高等学校で学習教材『ぷよぷよプログラミング』を使った特別授業を実施

株式会社セガ(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:杉野行雄、以下 セガ)は、アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のソースコードを活用した学習教材『ぷよぷよプログラミング』を使った特別授業を、青山学院横浜英和中学高等学校にて、2021年8月19日(木)に開催したことを発表した。

『ぷよぷよプログラミング』を使ったプログラミング特別授業の概要

今回の授業は中学1、2年生の生徒81名を対象とし、『ぷよぷよプログラミング』を活用したオリジナルの教育プログラム(75分)をセガが企画・運営。

また、講師には『ぷよぷよ』シリーズのジャパン・e スポーツ・プロライセンスを保有し、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE ぷよぷよ部門 一般の部」神奈川県代表であるぴぽにあ選手を招いて行われた。

講師のぴぽにあ選手はシステムエンジニアの経験があり、ソースコードの入力によりプログラムが動く仕組みなどプログラミングの基礎をレクチャー。

生徒は『ぷよぷよ』のソースコードを書き写す作業(写経)を通じて、「ぷよ」の落下や左右移動、回転させるためのコーディングや「ぷよ」の背景の色や落下スピードなどパラメータを書換えることでゲームバランスの調整を体験、自ら作成した『ぷよぷよ』を楽しんだ。

その後、ぴぽにあ選手は「eスポーツ」プロ選手の仕事紹介として、大会出場や各種イベント参加など自身の活動やプロ選手の1 日のスケジュールなどを説明した。また、生徒からの質問にも答えた。

参加した生徒からは、

  • 「プログラミングは未知の世界だったが、今回の授業を通してゲームを作る側の気持ちも少し知ることができ、楽しかった。『ぷよぷよ』では遊んだことがあったので、親近感を持って学ぶことができた。」(1年生)
  • 「今までやったことのあるプログラミングとはちょっと違って興味を持ちました。自分でつくったプログラムが動く時はとてもうれしかった。」(2年生)

などの感想が寄せられた。

青山学院横浜英和中学高等学校教頭 細田 孝充先生によるコメント

親しみやすい『ぷよぷよ』を通じて、プログラミングを体験し、短い時間でゲームを完成できるため、生徒も達成感を得ながらプログラミングを学ぶことができたと思います。プログラミングがどのように活用されているかも実感でき、プログラミング学習の導入として役立ちました。

当日のプログラム(75 分)

  • 「ぷよぷよ」ってどんなゲーム?プロ選手による実演
  • 「ぷよぷよ」を作ってみよう
    • ゲームフィールドをつくる/「ぷよ」が落ちてくる/「ぷよ」を左右に動かす/「ぷよ」を回してみよう/「ぷよ」を消してみよう
  • 完成!遊んでみよう
  • ぷよぷよのカスタマイズ(改造)
    • 著作権をまもろう
    • 「ぷよぷよ」を変えてみよう
      • 背景の「ぷよ」を入れ替えてみよう/ステージの大きさを変えてみよう/背景の色を変えてみよう/「ぷよ」の落下速度を変えてみよう
  • eスポーツプロ選手の仕事紹介
  • 質問コーナー

『ぷよぷよプログラミング』は2020年6月の提供開始以来、全国各地の教育委員会や学校、e スポーツ団体や企業が主催するイベントでの本コンテンツを活用した特別授業、ワークショップ等の場で利用され、登録者数は55,000 人を突破(2021年7月末時点)。

セガではゲーム事業やジャパン・e スポーツ・プロライセンス認定タイトル『ぷよぷよ』のe スポーツ展開を通じて培ったノウハウや資産を活用し、今回のカリキュラム提供のようにプログラミング教育に関する企画・運営を多数サポートしている。

今後も今年度からプログラミング教育が必修化された中学校のほか、小学校、高等学校、大学などの教育機関を中心にプログラミング教育を支援する取り組みを進めていく。

『ぷよぷよプログラミング』とは

『ぷよぷよプログラミング』は、アシアル株式会社が提供するプログラミング学習環境『Monaca Education』において、『ぷよぷよ』のソースコードを書き写す作業(写経)を通して、プログラミング学習できる教材。

製品版と同じ画像素材を利用し、実際に『ぷよぷよ』のプレイ画面を確認しながらコーディングを行うことができる。

基礎コースから初級・中級・上級コースまでの難易度が用意されており、幅広い学習層に活用できる。

1,000以上の教育機関で利用されている『Monaca Education』は、クラウドサービスのため教育現場での導入や運用が簡単で、インターネット環境があれば既存PC やタブレットによる学習や指導が可能。

なお、本コンテンツは無料で利用可能。

第17回 日本e-Learning 大賞で日本電子出版協会会長賞を受賞している。

2020年6月の提供開始以来、『ぷよぷよプログラミング』の登録者数は55,000人を突破している。