福岡県・羽犬塚小学校が教育ICT化支援システム「れんらくアプリ」を採用、導入事例を公開

VISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:田淵 浩之)は、令和3年4月より同社が提供する教育機関のICT化支援システム「れんらくアプリ」を導入した公立小学校の導入事例を公開したことを発表した。

「れんらくアプリ」を導入した公立小学校の導入事例

福岡県の公立小学校が【れんらくアプリ】を導入

日常生活にスマートフォンが普及し始め、E-mailを利用しない世代の保護者が増えてきた。

E-mailで連絡を配信しても見てもらえているのかが分からず、「確実に保護者へ情報を届けたい」という想いからスマートフォンアプリへの配信システムへの切り替えを検討。

システム導入を機に、今まで行っていた保護者との連絡手段の省力化も行ったという。

導入までの経緯や導入効果、今後の取り組みについてのリモートインタビュー内容を無料公開している。

インタビュー内容(一部要約紹介)

「れんらくアプリ」の導入を決めた理由

1. 金額が明示されていた

金額だけ見ると少し高額かな、と思いましたが、当校は児童数が多いので1人当たりで換算すれば決して高額ではありません。

2.欠席・遅刻・早退連絡ができる

保護者はれんらくアプリから24時間欠席連絡可能

学校が連絡を受けられる時間は限られています。そのため、いままで電話で連絡を受けていた欠席・遅刻・早退を、保護者が「れんらくアプリ」で学校に伝えることができる機能に注目したことも導入理由のひとつです。

3. 資料がわかりやすい

一番わかりやすいのが「れんらくアプリ」の資料でした。ICTに詳しくない教職員でも内容を把握することができました。

「れんらくアプリ」の導入効果

1. アプリからの連絡で朝の負担が軽減。全校の欠席・遅刻・早退も把握可能に

電話回線は2回線しかなく、日によっては電話が鳴り止まなかったり、電話が通じないという連絡もありました。現在では電話での連絡がほとんどなくなり、教員は授業準備などに時間が使えるようになりました。

2. 開封確認でき、対象者別にお知らせ配信ができる

開封確認ができるようになり、どれだけ見ていただけているかがわかるようになりました。対象者別の他、教職員向けにもお知らせの配信ができるようになり、今後はPTAでの使用も検討しています。

「れんらくアプリ」とは

「れんらくアプリ」は自社が提供する、教育機関のICT化を支援するクラウドサービスの総称。

アンケート、お便り、欠席・遅刻・早退連絡のデジタル化など、便利な機能を1施設あたり月額9,000円~というリーズナブルな価格で利用できる。

令和3年8月1日現在、1,700以上の教育機関で導入されている。

基本機能

  • 保護者からの欠席・遅刻・早退連絡
  • 学校からのお便りのデジタル配信
  • アンケートの実施・自動集計


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。