サインウェーブ、小学校英語教育とICT活用に関するオンラインセミナーを9月15日に開催

全国の学習塾と私学向けにAIテクノロジーを活用した中高生向けの英語4技能対策アプリ「ELST®︎」や小学生向け「ELST®︎Elementary」、一般ユーザー向けのペン型スキャナー辞書「NazoritAI Pro(ナゾリタイ プロ)」、「NazoritAI for School(ナゾリタイ フォースクール )」を提供する株式会社サインウェーブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:赤池雅光、以下サインウェーブ )は、2020年からの小学校英語の新学習指導要領実施やGIGAスクール構想により変化を遂げている小学校英語教育と教育ICT活用に関するオンラインセミナーを9月15日(水)13:00より開催することを発表した。

「小学校英語教育とICT活用を考える」オンラインセミナー概要

ポイント

  • 学習院女子大学教授 萓 忠義 先生(専門/応用言語学、サインウェーブ顧問)より、早期英語教育の重要性についての講演。
  • 昭和女子大学附属昭和小学校(東京)、田園調布雙葉小学校(東京)、仁川学院小学校(兵庫)、全国の私学の校長・副校長より小学校英語教育とICT活用の展望、実践と課題についての講演。
  • mpi松香フォニックスより、小学校英語教育におけるフォニックスの有用性についての講演。
  • サインウェーブより新教科書分析レポートと小学校英語教育の重要性についての考察、ELST®︎Elementaryの紹介。

内容

2020年4月から小学校英語の新学習指導要領改訂が全面実施され、3・4年生は「外国語活動」、5・6年生は「外国語」という教科として導入されている。

またGIGAスクール構想の実現においては英語教育現場のICT活用に拍車がかかる。

このような中、サインウェーブではAIテクノロジーを強みに、専門家や教科書会社と英語教材の開発や授業支援を進めている。

この機会に顧問の萓忠義先生の講演と、私立小学校の校長先生や副校長先生、コンテンツの共同開発をしているmpi松香フォニックス担当者からの講演とサインウェーブ独自調査レポートの報告も交え、小学生向けの英語教育とICT活用を考えるオンラインセミナーを開催する。

学習塾や学校の担当者、子どもの小学校受験を考える保護者といっしょに小学校英語教育とICT活用の検討につなげていくという。

こんな人におすすめ

  • 小学校受験を検討している保護者:全国の名門私立小学校の英語教育やICT活用について知ることができ、小学校受験の参考にできる。早期英語教育についての理解も深まる。
  • 学習塾の教務、運営担当者:専門家による早期英語教育の講演や先進的な小学校の英語教育やICT活用を知った上で、校外学習を含めこれからの小学校英語教育の検討に役立つ。
  • 学校教育関係者:専門家による講演や先進的な小学校の英語教育・ICT活用から学ぶことができる。

登壇者/テーマ

  1. 早期英語教育の重要性について(13:00〜13:20):学習院女子大学 教授 萓 忠義 先生
  2. 全国の私立小学校:小学校英語教育とICT活用の展望、実践と課題(13:25〜14:05 各登壇15分)※登壇は学校名五十音順
    1. ​昭和女子大学附属昭和小学校 校長(昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校 校長 兼務) 真下 峯子 先生
    2. 田園調布雙葉小学校 副校長 筒井 三都子 先生
    3. 仁川学院小学校 副校長 平石 光生 先生
  3. ​株式会社mpi松香フォニックス:小学校英語におけるフォニックスの有用性(14:10〜14:30)
    1. 教育事業部 教育課 教育コンサルタント主任(元東京都公立中学校英語科教員) 近藤 理恵子 氏
  4. サインウェーブ より:新英語教科書独自分析レポート報告、小学校英語教育の重要性とELST®︎Elementaryについての紹介(14:35〜14:55)
  5. 事前アンケートから登壇者への質問〜全体総括(14:55〜15:00)

日時

9月15日(水) 13:00〜15:00

会場

ZOOMによるオンラインセミナー形式

参加料

無料

申込締切

9月14日(火)23:59

※当日の参加用ZOOM URLは、後日参加者に連絡。講演の内容等は予告なく変更となる場合がある。競合他社の参加は不可。