女子中高生向けアプリコンテスト「Technovation Girls」日本から6チームがセミファイナリストに選出

IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す一般社団法人Waffle(東京都渋谷区、代表理事:田中 沙弥果、共同代表:斎藤 明日美、以下Waffle)は、世界最大の女子中高生向け社会課題解決型アプリコンテスト「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)」の2021年度の結果を発表した。

今回、国内公式アンバサダーであるWaffle及びスポンサー企業9社のサポートのもと、日本から出場した23チームのうち、セミファイナリスト(一次選考通過)として5チームが選出された。

また、Waffleサポート外チームも含めると、日本からは過去最多となる6チームがセミファイナリストとして選出されたこととなる。

Technovation Girlsとは

Technovation Girlsは、米国の非営利団体「Technovation」が主催する、次世代の女性IT起業家の育成を目的としたコンテスト。

2010年の開始から現在までに世界100か国以上、50,000名以上の女性が参加している。

10〜18歳の女性を対象に、1〜5人から編成されるチームが約3ヶ月間かけて身近な社会課題を解決するアプリとビジネスプランを制作していく。

プログラミングなどの技術的なスキルだけでなく、社会課題の解決のためのアイディアや、ピッチ(プレゼンテーション)スキル、起業家精神などをチーム形式にて競う。

なお、本イベントの公用語は英語となり、公式の情報提供から提出物への記載に至るまで、すべて英語にて実施される。

Technovation Girls 2021 国内活動サマリー

  • 日本からの出場数(*):23チーム、75名
  • セミファイナリスト(第一選考通過チーム):5チーム、15名

*本出場数は、Waffleからの出場サポートを受けた人のみを集計。セミファイナリストはWaffleサポート外チームも含めると6チームとなる。

2021年度は世界60カ国より、1,700チーム合計5,900名が参加。

日本から出場したメンバーは、2021年1月に課題探しからスタートし、その解決策を考えビジネスアイデアに落とし込み、アプリを開発するプロセスを進めてきた。

その間、スポンサー企業やボランティアのメンターが伴走し、2021年4月19日には米国本部にアプリとピッチビデオを提出。

残念ながら、日本リージョンからはファイナリスト(二次選考通過チーム)まで残ることは叶わなかったが、過去最多である6チームがセミファイナリストに選出された。

セミファイナリスト通過者の作品

CommuniGate(チーム名:Colorful):よりよい言い回しを提供するアプリ。

Everdrobe(チーム名:Gummy Bear):衣服の大量廃棄問題を解決するための衣服の双方向シェアリングサービス・アプリ。

Cook Bond(チーム名:Oh! Odango):女性の社会進出サポート!お買い物から家族が協力する連携型お料理アプリ。

Glabel(チーム名:Repainters):訪日・定住した動物性食品を摂取しない人の食事をサポートするアプリ。

Check Point(チーム名:SMASH! ):チェックポイントは電子レシートをもらって共有できるアプリ。森林破壊の抑制と身近なお財布周りの悩みを解決する。

POPOI(チーム名:S^4)** Waffle支援対象外チームのため詳細は割愛

Waffleより2021年度総評

4月に開催されたTechnovation Girls日本公式ピッチイベントの様子

2021年度のTechnovation Girlsは、国内の多くの企業の協力により規模を拡大し、23チーム75人の学生の支援、および、日本リージョンでのピッチイベントを開催することができました。また、今年は世界的な新型コロナウイルス感染症拡大の中、プログラムの全ての運営がオンラインとなりました。結果として、19都府県および台湾から学生が参加することとなり、オンラインを逆手にとり、地理的条件をこえて機会を提供することができました。そして、日本で初めてのリージョナルピッチイベントも成功に終わり、参加者それぞれが大きく成長する3ヶ月間となりました。

学生の成長を大変嬉しく感じるとともに、次世代を担うテック起業家の育成をともに支えてくださったパートナー企業のみなさまに、改めて深くお礼申し上げます。また、学生への機会を広げるためにデバイスの無償レンタルを提供してくださったパートナー企業、および、チームメンターとして貴重なお時間を学生の支援に費やしてくださったみなさまにも重ねてお礼申し上げます。

日本リージョン独自で行ったTechnovation Girls 2021 Japan Region Pitch Eventの様子は、以下より確認できる。

一般社団法人Waffleについて

Waffle(ワッフル)は、IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す非営利法人。

国内の女子中高生向けにオンラインIT(コーディング)コース「Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)」の提供、日本国内での「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)」のサポート、企業との協働による各種イベントを開催している。

また、「第5次男女共同参画基本計画素案」に対するパブリックコメントをはじめとする、政策提言も積極的に行っている。

2020年第4回ジャパンSDGsアワード「SDGsパートナーシップ賞」受賞。2017年活動開始(2019年法人化)。

所在地:東京都渋谷区、代表理事:田中 沙弥果、共同代表:斎藤 明日美。