全国3,300教室以上で活用されている学習プラットフォーム「Monoxer」学習回数5億回を突破

モノグサ株式会社(東京都文京区 代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑、以下モノグサ)の提供する学習プラットフォーム「Monoxer」の累計学習回数が5億回を突破したことを発表した。

昨年6月は1億回の学習回数だったため、約1年間で4億回増加したこととなる。

また、Monoxer上でユーザーが作成したオリジナルのBook(問題集)の数は20万冊以上となっており、学習されている内容も漢字や英語、社会や理科の記憶事項を中心に、幅広い科目や分野となっている。

Book活用範囲の広がりとともに様々な組織で活用してもらうことが増え、学習される教材の種類も多くなっているという。

塾、学校を中心に全国3,300教室以上の活用の広がり

現在、Monoxerは塾や小学校、中学校、高等学校などを中心に3,300教室以上の組織で活用されている。

塾は上場している大手塾から、地域に根差した塾、オンライン専門塾のような新しいタイプの塾まで様々な業態で活用されている。

学校は公立、私立を問わず、小学校、中学校、高校と幅広く導入されている。

学習意欲の喚起や教養や娯楽分野の知識習得を目的とした活用も

静岡の誠恵高等学校では学校教科の学習に加え、娯楽や教養の問題を交えながらMonoxerを活用している。

例えば、生徒の関心が高い流行のアニメやゲームの内容をBook(問題集)にして配信するなど、Monoxerを活用して学習のきっかけを作っているという。

また、日本中の駅弁やお城、魚の種類、難読漢字を憶える問題などの教養問題も作成し、生徒が関心のある内容を自由に学習できるような体制を整えている。

このような、娯楽や教養を楽しく学んでいくという体験を入り口として、定期テスト対策や検定試験といった日常の教科学習にも上手く繋げられているようだ。

塾や学校にとどまらない、Monoxerの活用シーン

近年では、塾や学校にとどまらず、中国語教室などの語学教室、美容・医療系専門学校、従業員のスキルアップに力を入れる一般法人、外国人労働者の就労を支援する人材企業などに活用が拡がっている。

その一例として、看護リハビリ新潟保健医療専門学校では、看護師、理学療法士の国家資格取得に向けて活用。

実際の活用シーンとしては、宿題として課題を配信する他、授業の中で40~60分程度Monoxerで学習する時間を設けるなど、教育のデジタル化を積極的に進めている。

Monoxerを活用し3ヶ月後に実施した資格試験を想定した校内模試では、昨年と比較して平均点30点ほど高くなっており、成果を実感しているという。

“使える中国語習得”にこだわっている横浜の中国語教室のwaysChineseでは、主に生徒の授業後の復習用の学習ツールとしてMonoxerを活用。

それと同時に、講師はMonoxerの学習分析機能を活用して、それぞれの生徒の定着度合いと弱点を把握し、授業の質の向上に活かしている。

実際に「以前よりも中国語が定着しやすくなった」という声も寄せられている。また、Monoxerを導入してから20代を中心に新規の問い合わせも増加したようだ。

このようにMonoxerは世代や領域を問わず、様々な用途で活用されている。

これからもモノグサは、教育に携わる人すべてのパートナーとして、引き続きサービスの開発・提供を進めていく。

モノグサ株式会社について

モノグサ株式会社は、学習プラットフォーム「Monoxer」の開発・提供をしている。

Monoxerは、先生が憶えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成。

生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習していくが、一人ひとりの習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、一人ひとりのレベルにあった学習が実現できる。

遠隔でも生徒の学習状況・定着度が分かるため、通学・通塾が困難な状況でも、きめ細やかな指導を行うことが可能。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。