AI英語教材「abceed」、旺文社の『オーレックス英和辞典・和英辞典 第2版』に対応

株式会社Globee(所在地:東京都港区、代表取締役:幾嶋 研三郎、以下 Globee)は、AI英語教材「abceed(エービーシード)」の定額プランであるProプランにて、株式会社旺文社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:生駒 大壱)が刊行する『オーレックス英和辞典・和英辞典 第2版』に対応した事を発表した。

AI英語教材「abceed」とは

abceedは「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材。

TOEIC®、英検®の出題形式に合わせたクイズをはじめとした様々なトレーニング法に対応し、200を超える人気英語教材コンテンツにアクセスする事ができる。

さらに、学習最適化エンジン「abceed AI」を活用した問題のレコメンド、スコア予測、過去問レベル判定テストの利用が可能。

2020年12月には、登録ユーザー数150万人を突破した。

そして今回、abceedの定額プランであるProプランにて、株式会社旺文社が刊行する『オーレックス英和辞典・和英辞典 第2版』に対応したことを発表した。

新たに対応開始となる辞書

オーレックス英和辞典 第2版

『オーレックス英和辞典』は高校生の日常学習、大学受験・検定試験からビジネスまで、英語を学ぶすべての人々に向けた上級学習英和辞典。

総項目約10万5,000を収録し、充実の文法・語法解説と、豊富な用例・多彩な表現で、本物の英語運用能力が身につく。

オーレックス和英辞典 第2版

『オーレックス和英辞典』は、高校生の日常学習、大学受験・検定試験からビジネスまで、英語を学ぶすべての人々に向けた上級学習和英辞典。

自然な日本語を、基本的かつナチュラルな英語に訳した用例が約9万8,000と豊富に収録されており、さまざまな形の発信に役立つ。

今後はabceedの更なるブラッシュアップを図りながら、英語学習に取り組む全ての人のサポートが出来るサービスへと改善を重ねていく。