「レアジョブ英会話」日本人講師によるレッスンを提供開始

人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出す株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」にて、日本人講師によるレッスン提供を開始したことを発表した。

「レアジョブ英会話」日本人講師によるレッスンの概要

導入の背景

レアジョブグループでは、学習成果にフォーカスしたサービス提供やレッスン品質の向上に注力しており、2007年の創業以来「レアジョブ英会話」では、第二言語としての英語力の高さに加え、フレンドリーでホスピタリティの高いフィリピン人講師によるレッスン提供を行ってきた。

一方で、近年は英会話学習初級者の利用も増加傾向にあり、初級者向けのサービスやサポートに対するニーズが高まっていた。

特に、レッスンにおいて日本語が通じることは受講時の安心感にもつながるので、初級者でもレッスン受講を継続しやすくする施策として、日本人講師によるレッスン提供を開始することとなった。

受講対象者(レベル)

英会話学習初級者(CEFRレベル:A1-A1 High/レアジョブスピーキングレベル:1-3)

※「レアジョブ英会話」の個人向けサービスが対象。法人向けサービスは対象外。

利用方法

レッスンチケット利用による講師予約

※ご利用には、チケットとは別途でプランの契約が必要。予約はPCからのみ可能。

日本人講師によるレッスンの特長

  • レッスン冒頭に、利用教材やレッスン中の日本語利用の頻度を確認できる
  • 日本語でのフォローによって、英語に対する心理的負担を軽減できる

初級者にも適切な教材選定のサポートやレッスン進行を行えるように、日本人講師に対してはレッスン提供開始前に手厚く初期研修が実施されているという。

英語学習としての質の高さを保つという目的はもちろん、実際の受講者の声を踏まえて研修内容も随時アップデートし、受講者心理にしっかりと寄り添うレッスン提供を実現していく。

レアジョブでも今後も日本人講師の増員を図り、レッスンの安定供給を目指す。