LABOT、子会社を通じて出世払い型テックセールス養成スクール「TECH SALES CAMP」を運営するWorX社へ出資

国内初のISA(Income Share Agreement、所得分配契約)を採用したプログラミングスクール「CODEGYM」などを運営する株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田浩之)は、LABOT の100%出資子会社で、ISAプロバイダー事業や金融事業、キャリアコーチング事業を行う株式会社EduWork(所在地: 同上、代表取締役 同上)を通じて、国内で新たにISAを採用したテックセールス養成スクール「TECH SALES CAMP」を提供するWorX株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤原 義人)への出資を行ったことを発表した。

世界的パンデミックの影響下も含め、ISAを採用した教育事業は拡大トレンドにある。

今回の出資を通じて、日本国内でのISA産業の健全な発展、事業者間での知見共有を目的とした業界団体の設立等、WorX株式会社と共に新たなスタートアップ市場創造に向け、積極的な連携を図っていく。

以下、株式会社WorXによるプレスリリースより一部抜粋

より良い未来の為にハタラクを変える」をミッションに、2021年10月より出世払い型テックセールススクール「TECH SALES CAMP」の開校を予定しています。

「TECH SALES CAMP」とは

「TECH SALES CAMP」は、コロナショックに影響を受けた販売・サービス業従事者を中心に、業界・職種未経験から成長産業の営業関連職へのキャリアチェンジを実現する為のテックセールス養成スクール。

長期的な成長が見込めるIT・SaaS産業を含む成長産業へのキャリアの選択肢を提供することで、人生の可能性を広げる機会を提供する。

※テックセールスとは、最先端のBtoBセールスのナレッジ・オペレーションを駆使し、テクノロジーの力を用いて営業活動の効率化や業績の向上を実現する次世代のセールスパーソンを指す。

出世払い型支払いスキーム ISAとは

ISA(Income Share Agreement)と呼ばれるモデルで、教材購入など一部を除き、在学中の学費や入学金等の初期費用負担は一切ない代わりに、卒業後に就職した企業の年収に応じて支払金額を決定することから、所得による教育格差を是正する方法として米国を中心に世界中で注目・採用されている。

TECH SALES CAMPでは、希望の会社・職種での就職決定後に理論月収の10%を一定期間(24ヶ月)支払う義務が発生する。

ISAを導入することで、できる限り多くの人に教育機会を提供すると同時に、卒業生及び入社後の定着・将来的な活躍に伴走することが可能となる。

本質的なキャリアチェンジの成功を実現する教育機関を目指す。

受講者の対象イメージ

  • コロナ禍で、キャリアチェンジを余儀なくされた販売・サービス業従事者
  • 成長産業(特にIT・SaaS領域)における営業関連職種への就職を目指す人
  • リモートワークなど、地方や遠隔地から、キャリアの選択肢を広げたい人
  • 金銭的な理由で、キャリアチェンジのスクールに通うことができなかった人
  • 出産や介護などの理由によりキャリアの再出発を目指す人

実践的な学習カリキュラム

  • 営業未経験から、テックセールスになる為の網羅的なカリキュラムを用意。
  • 学習期間は約3ヶ月で累計200時間の学習カリキュラムを構築。
  • BtoBセールスの基礎・インサイドセールスの実践的なスキルアップに向けた、約60講座のカリキュラムをzoomとe-learningを活用し、オンライン完結で提供。
  • 成長産業のセールスには欠かせないSFA・CRMなどのセールステックのデモ利用や実際に企業に営業活動を実践できる環境を構築。

株式会社LABOT/株式会社EduWork 代表取締役 鶴田浩之氏のコメント

働き方の多様化していく流れ、世界的パンデミックの背景も含め、異業種からのキャリアチェンジに挑戦される方も珍しくない昨今においては、金銭的な負担を最小限に抑えて挑戦を促す、ISA(所得分配契約)を採用した教育モデルは世界的な拡大傾向のトレンドにあります。

米国でも大きな成長市場として実績のある、セールス人材のブートキャンプ事業について、日本での新たな市場創造を期待しています。