質問アプリ『Rakumon』提供のラクモン、マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラムに採択

小中高校生及び大学受験生の自主学習を支援する質問アプリ『Rakumon(ラクモン)』を提供するラクモン株式会社(本社:神奈川県横浜市西区)は、Microsoft Corporation(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供する、スタートアップ企業の規模拡大を成功させるためのグローバルプログラムである「Microsoft for Startups」に採択されたことを発表した。

「Microsoft for Startups」に採択されたことにより、『Rakumon(ラクモン)』のサービス品質向上やテクノロジーを活かした新機能開発を推進するとともに、マイクロソフト社との共同プロモーションや研究開発実積の発表、Azureを活用されている企業と『Rakumon』プラットホームの連携による新サービスの開発やOEM提供パートナーの開拓、グローバルネットワークへのアクセスによる提携企業の発掘と日本国外向けのサービスリリースを目指す。

「Microsoft for Startups」とは

マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上でグローバル展開されているスタートアップ支援プログラム。

独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的とし、このプログラムに選定されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとしたマイクロソフト社の保有する強力なテクノロジーへのアクセスに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供される。

質問アプリ『Rakumon(ラクモン)』について

『Rakumon(ラクモン)』は、2021年6月からサービスを開始した、小中高生・大学受験生の自主学習を支援する質問アプリ。

生徒が、分からない質問をスマホやタブレットから365日いつでもどこでも気兼ねなく質問でき、登録されている先生(※)が質問に個別回答をする。

※東京大学や京都大学、その他国立大学や首都圏有名私立大学など難関大学の在学生や大学院生、教員経験者、プロの家庭教師や塾講師経験者が登録しており、事前の身分証明書提出による個人情報確認や学歴証明書類提出によるスクリーニング、オンライン面談による人物評価やスキルテストによる選考をクリアした質の高い先生が揃う。

生徒は分からない問題の個別指導を受けることができ、自主学習を進めやすくなる。

中学受験、高校受験、大学受験対策に役立つアプリである。

※2021年6月のiPhoneとiPad向けアプリリリースに続き、今後Androidでのリリースも予定している。