フランス発エンジニア養成機関「42 Tokyo」、NPO法人「キッズドア」で講演活動を実施

一般社団法人42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司、以下 42 Tokyo)は、2021年6月に、NPO法人キッズドア(所在地:東京都中央区、理事長 渡辺 由美子、以下 キッズドア)にて、42 Tokyoの仕組みを紹介する講演活動を実施したことを発表した。

42 Tokyoは、2020年6月に開校した、学費無料、経歴不問の「誰でも平等に挑戦できる、教育機会の提供」をミッションに掲げた、フランス発のエンジニア養成機関。

今回、日本の子どもの貧困問題に取組み、毎年1500人ほどの子どもたちに学習支援や、コロナ禍で困窮する子育て家庭への支援も行っているキッズドアが、支援を行っている保護者や生徒に向け、42 Tokyoを紹介するセミナーを実施した。

事前のアンケートでは、子どもにITスキルを身につけさせたいか、という問いに対し全員が「身につけさせたい」と回答し、プログラミング、エンジニア養成に対するニーズの高さを伺わせた。

また、参加者は、費用によって生まれる教育格差や、現在の義務教育とはまた違う、課題解決型の新しい学びの在り方に高い関心を抱いていることが見受けられたという。

当日は48名が参加し、質疑応答では多くの質問が寄せられ、大盛況な中でセミナーは終了した。

42 Tokyoは、今年開校から2年目を迎える。

今後も環境に左右されない教育と、挑戦の機会提供の場として、今回のような講義や、Piscine体験会(入学試験体験)等の取組みも継続的に行っていく。

参加者アンケート

42 Tokyoおよび今回のセミナーに興味を持った理由やきっかけ(※一部抜粋)

  • 地方で子育てをしているとどうしても情報や教育は届きにくさを感じます。自分で情報を取るべきなのは充分理解していますが、自分に下地がないため 我が子に伝えられることも限られており、悩んでいました。お知らせのメールを拝読し、勉強になると思い応募しました。
  • コロナ禍において、日本のシステムの不備が非常に気になり、なぜプログラミングができる人材ができないのだろうと考えていました。42東京がプログラミング人材の育成につながるのではないかと思い、興味を持ちました。
  • 教育が高額なので興味深い試み
  • 現在の教育に不満がある為、新しい教育方針に非常に興味がある。
  • 今まで日本で受けたことの無いような学びの環境がとても面白そうだなと感じたため
  • 子供が小学生の頃から友達と遊ぶ時、プログラミングや3Dのソフトで楽しんでいて、今は情報理工を学びたいと進路を学費と学力の両面で考えている中、このプロジェクトを知り興味を持ちました
  • 本人は講師なしで生徒のみで切磋琢磨し仲間と互いを高め合えそうなので魅力を感じています。更には学費無料とのことで、私のような貧困家庭の者にも子供が希望しているプログラミングを学べる機会だと思ったから。

セミナーの感想について(※一部抜粋)

  • 分かりやすい説明でした。大学進学以外にも道が有るのだと希望を持てました。
  • この度は講演を開催し、講演を行なってくださり、本当に有難う御座いました。将来はITエンジニアになろうと考えていたのですが、基礎をどこから学べば良いのかが明確ではなく迷っていたため、今回の講演で、学ぶ機会が増えたような気がして参考になりました。一人で学ぶことも大切でありながら、仲間と協力し、問題を解くこともとても重要であることが分かり、参考になりました。コミュニケーション能力について不安もありましたが、相手の話を聞き、返事をすることから少しずつ行動していきたいと思うようになりました。この度は貴重なお話をありがとうございました。
  • “説明会でさせていただきました。年齢も経験も問わない、誰もが挑戦できるのはすごく魅力的でじだいに合っていると感じた。ただ、難易度がかなり高そうだ!知識はないけどコミュ力はなくはないと自負。時間を作り挑戦してみたい気持ちがわきました。

42 Tokyo概要

  • 開校:2020年6月22日
  • 本校住所:港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F
  • 授業料:無料
  • 応募条件:16歳以上(16歳~18歳未満はオンラインのみ)

フランス発のエンジニアの養成機関「42」は、フランスの実業家が2013年に設立。

2016年にはシリコンバレー校が設立、現在は世界27か国(※)で展開されており注目を集めている。

2020年6月22日に、東京校である「42 Tokyo」が開校した。

※フランス、ベルギー、モロッコ、フィンランド、オランダ、ロシア、ブラジル、インドネシア、アルメニア、コロンビア、スペイン、カナダ、ドイツ、タイ、韓国、アメリカ等の世界27か国にて展開(2021年6月時点)