ソニー、国際的ロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge 2021」のエントリー受付を開始

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、国際的なロボット・プログラミングコンテスト「KOOV® Challenge」のエントリー受付を2021年7月26日より開始することを発表した。

エントリー受付開始に合わせ、より多くの人に参加してもらうためのロボット・プログラミングの体験コンテンツを無料でKOOVアプリにて提供する。

「KOOV Challenge」はロボット・プログラミング学習キット「KOOV®」のユーザー対象の国際コンテストとして2017年にスタート。

第5回となる今年はKOOVユーザー対象の「ロボット制作部門」に加えて、KOOVを持っていない人もアプリ上の3D空間でロボット・プログラミングに取り組むことでコンテストに参加できる「VIRTUAL KOOV部門」を新たに設け、オンライン形式で開催する。

2021年7月26日より、両部門ともにKOOVアプリにてエントリーが可能。

「KOOV Challenge」概要

コンテスト日程

  • エントリー期間:2021年7月26日(月)15:00頃~2021年9月9日(木)15:00頃
  • 結果発表:2021年10月31日(日)10:00~11:00

※ソニー・グローバルエデュケーション公式YouTubeチャンネルにて発表される。

募集部門

ロボット制作部門(KOOVを持っている人向け)

テーマ: 未来の街づくり 〜未来の便利で楽しい暮らしを考えよう〜

以下の対象学年別に募集。

小学校低学年と小学校高学年はさらに「エキスパートクラス」(過去にKOOV Challengeエントリー歴あり)と「ビギナークラス」(KOOV Challenge初エントリー)に分けて募集する。

  • 未就学
  • 小学校低学年
  • 小学校高学年
  • 中学生以上

VIRTUAL KOOV部門(KOOVを保有していない人向け)

テーマ: 雪かき2021 バーチャルアトラクションVer.

以下の対象学年別に募集する。

  • 小学校低学年以下
  • 小学校高学年
  • 中学生以上

※VIRTUAL KOOV部門は日本国内のみでの開催となる。

エントリー方法

Sony Global Educationアカウントを作成後、メンバーズページにて事前登録を行うこと。

登録後、KOOVアプリの「じゆうせいさく」にてKOOV Challengeの各部門にエントリーできる。

無料体験コンテンツについて

VIRTUAL KOOV部門の新設に伴い、多くの人にKOOV Challengeに参加してもらえるよう、無料でプログラミングを学ぶことができるコンテンツをKOOVアプリにて提供する。

体験コンテンツは初めてプログラミングを始める子どもを対象にロボット・プログラミングの基礎を身につけられる全3回のカリキュラムで構成されている。

  • 1回目 : ロボットを動かそう(DCモーター)
  • 2回目 : ロボットを光らせよう(LED)
  • 3回目 : ロボットのまわりを調べよう(赤外線フォトリフレクタ)

KOOVとは

KOOVはブロックで自由な「かたち」を作り、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キット。

一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしている。

発売以来、様々な教育関係者から評価されており、多くの学校や塾などで採用されている。

KOOVパートナープログラムである「CREATE by KOOV」は、プログラミングやブロックと工作で「つくる」ことを通して好奇心と思考力を育む、ソニー・グローバルエデュケーションのオンライン学習サービス。