三谷産業とみんなのコード、石川県金沢市に10~18歳なら誰でも無料で最新のデジタル機器やソフトを利用できる施設『ミミミラボ』を開設

三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:三谷 忠照、以下 三谷産業)と特定非営利活動法人みんなのコード(本部:東京都渋谷区/代表理事:利根川 裕太、以下 みんなのコード)は、すべての子どもたちがテクノロジーに触れて創造的な活動に取り組むことができる施設を、2021年7月28日(水)より、石川県金沢市に開設することを発表した。

これまで『みんなの三谷産業(仮称)』として準備を進めてきたが、正式名称は『ミミミラボ』に決定した。

「すべての子どもたちへ、テクノロジーを通した表現を」をキャッチフレーズにする『ミミミラボ』は、金沢を創業の地とする三谷産業とテクノロジー教育の普及を目指すみんなのコードが開設する。

『ミミミラボ』概要

IT企業でもある三谷産業が、テクノロジーを通して、世界へ羽ばたく子どもたちを育成

石川県金沢市の中心に位置する、10代の子どもたちが集まりやすい好立地で、地域の子どもたちが気軽かつ安全にテクノロジーに触れることができる。

STEAM※1に関連した多様な機材を揃えるとともに、少し大人のメンター※2たちが、子どもたちの新たな才能の芽を発掘し大切に育む。

地域の将来を支える創造性豊かな子どもたちの成長支援を行い、地域社会への貢献につなげることを目的としている。

※1 STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(ものづくり)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の5つの単語の頭文字を組み合わせた造語で、これらの領域を重視する教育方針のこと。

※2 メンターとは、指導者、助言者のこと。初めて訪れる子どもたちが、安全・安心してテクノロジーに触れられるよう、大学生・社会人などの常駐のメンターを複数名配置する予定。

『ミミミラボ』の3つの特徴

①多様な機材を用意

最新のデジタル機器やソフトが用意されている。

ロボットのプログラミングができるブロック教材、3Dプリンタ、グラフィックや映像、楽曲の制作ができるソフトなどがあり、子どもたちがそれぞれの好きなことにチャレンジできる環境を整えている。

②10~18歳なら誰でも無料で利用可能

対象年齢であれば誰でも、すべての機材を無料で使うことができる。

また、開館時間内ならいつ来ても、何時間いてもよい。思う存分好きなだけ、デジタルのものづくりを楽しむことができる。

③子どもたちの少し先を行く大人(メンター)が常駐

映像、音楽、プログラミングなど各分野の専門家や地域の大学生など、多彩なメンターが常駐している。

子どもたちの中に芽生えた「やりたい」という気持ちを後押ししながら、創造活動をサポートする。

住所

石川県金沢市芳斉町1丁目3-3(三谷産業別館)

アクセス:JR金沢駅より徒歩15分/北鉄バス「南町・尾山神社」より徒歩8分

対象

10~18歳のテクノロジーを使った表現に興味のある子どもたち(市内外を問わず)

利用方法

事前予約制(詳細は、公式Webサイトを確認)

費用

無料(一部、特殊機材の利用時に実費発生の可能性あり)

開館時間

水・土 13:00~18:00、木・金 15:30~21:00

館長

鮒池涼香

メンター数

10名在籍

施設面積

約160㎡×2フロア

設置機材

PC(Mac、Windows)14台、タブレット6台、3Dプリンタ2台、レーザー加工機1台、VRゴーグル2台、レゴ エデュケーション スパイク6機、液晶ペンタブレット4台、DJコントローラー1台、ほか

※PCには映像編集・グラフィックデザイン・楽曲制作などのソフトウエアを装備。