早稲田実業学校、NZ政府推奨オンライン教材を活用した短期集中型プログラミング授業を実施

7月11日、ニュージーランド大使館 エデュケーション・ニュージーランド(NZ政府留学促進機関)、コードアベンジャーズ(NZエドテック企業)の主催により、早稲田実業学校でコード・キャンプが実施された。

コード・キャンプは、ニュージーランドのデジタル教育で使用されているオンライン学習ツール「コードアベンジャーズ」を利用した通学型の短期集中型プログラム。

プログラムは2名の対面での講師とオンライン講師の3名により、すべて英語で行われた。

コード・キャンプ実施概要

ニュージーランドはデジタルイノベーションを推進する電子国家でもあり、デジタル教育は小学校から始まる。

イギリスのエコノミスト誌調査部門が毎年発表する「未来教育指数:Worldwide Educating for the Future Index」において、ニュージーランドの教育制度は、3年連続英語圏で1位となるなど、ニュージーランドのデジタル教育は世界的に高く評価されている。

その教育ツールとして、ニュージーランド教育省と共に開発を行ったのが、コードベンジャーズである。

エデュケーション・ニュージーランドの推奨を受け、世界各国の子どもたちが多言語に翻訳されたプログラムで学んでいる。

カリキュラムには、15歳対象のBlockly, Python, JavaScriptを使用したプログラミングを用いた基本的なデータ型の学習、16, 17歳対象のPython, JavaScript, VisualBasic, Java, C#, PHPの学習が含まれる。

コーディング画面

コーディング画面

早稲田実業学校の参加生徒14名は、多くが日本での英語学習の経験しかない、また、プログラミングやコーディングについての一般的な知識もない生徒が参加。

この日の目標のhtml言語を用いてのWEBサイトの作成に向けて、午前10時~16時30分まで、文字入力、文字装飾、リンクや写真・動画の挿入などを学んだ。

参加した生徒たちは、「英語に自信はなかったが、英語の障壁を感じずに、1日プログラミングを楽しく学べた」「今回の経験を活かして、アプリ開発を行ってみたい」等、前向きな感想を述べていたという。

WEBサイトのオンライン発表会について

生徒が作成したウェブサイト

生徒が作成したウェブサイト

7月14日、コード・キャンプに参加した学生が作成したWEBサイトの発表会をオンラインで実施し、ニュージーランド大使館、エデュケーション・ニュージーランド、コード・アべンジャーズ、早稲田実業学校、早稲田大学の関係者の前で英語でのプレゼンテーションを行った。

講評では、コードの知識がない段階からわずか6時間で完成させたWEBサイトの完成度やその内容、慣れない英語でのプレゼンテーションについて、非常に素晴らしかったというコメントが相次いだ。

コード・アベンジャーズでは、今後もプログラミングに興味のあるすべての子どもたちが、学びを深めることのできる環境づくりに取り組んでいきたいと考えているという。

生徒たちがチームワークを発揮し、主体的に課題に取り組む「コード・キャンプ」、また自身のペースで学習を進めるオンライン教材「コード・アベンジャーズJr / Pro」の2つを柱に、子どもたちがこれからの時代を生きぬくスキルを手に入れる手伝いをしていく。

トレーナー

Steve Budd Lito Cruz Todd Rose

コードアベンジャーズ(Code Avengers)について

コードアベンジャーズはオンライン教育テクノロジー企業。

「すべての人々の夢の実現を助けること」をミッションに掲げ、ゲーム性のある楽しいコースで効果的に学べるプログラムを提供している。

現在5か国語に翻訳され、世界200万人以上の子どもたちが学んでいる。

2021年7月21日より日本語版ジュニアコースの登録を日本で開始すると同時に、塾・教育機関向けのコースやコーキャンプの開催申し込みの受付を始める。

エデュケーション・ニュージーランド(ENZ)について

エデュケーション・ニュージーランド(ENZ)は、ニュージーランド留学のプロモーションを担当する政府機関。

ニュージーランドの教育機関を支援しながら、留学先としてのニュージーランドの認知度を高め、ニュージーランドの教育情報を世界に発信しプロモーションすることを目的としている。