山形県・村山市立富並小学校、AKAの英語学習AIロボット「Musio」を導入

人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA Corp 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、村山市立富並小学校(校長:佐藤義紀、所在地:山形県村山市、以下村山市立富並小学校)へ英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)と専用スキャナー「Sophy」(ソフィー)、Sophy専用教材(絵本、フラッシュカード)を導入したことを発表した。

今回の村山市立富並小学校の導入では、MusioとSophy(専用スキャナー)を導入し、数字やアルファベットが学習できる「フラッシュカード」、ももたろうなど身近な昔話から英語を体験できる「絵本10冊セット」を活用することで、楽しく英語に触れられる機会を増やし、子供たちの英語学習への興味・関心を高めていく。

Musioは、英会話学習を目的とした学習機能が搭載されている人工知能ロボット。

単語や表現パターン、会話を反復練習できる「Edu Mode」(エデュモード)や自由な英会話練習に適した「Free chat」(フリーチャット)・「Learner’s Chat」(ラーナーズチャット)機能を搭載している。

また、MusioとSophy(専用スキャナー)で行う「Tutor Mode」(チューターモード)を活用することで、子供たちが簡単な英単語から楽しく英語学習を始めることが可能。

これらのスピーキングに特化した学習機能により、学習者はいつでもネイティブ英語に触れられ、コミュニケーションのための英語力を養う。

村山市立富並小学校 佐藤 義紀 校長のコメント

英語でコミュニケーションを図る能力を高めるためには、日常的に子どもたちが楽しく英語にふれる環境を整えていく必要があると考えます。会話表現の練習はコミュニケーションとは言いません。相手がどんな風に考えているのか、聞きたいことや伝えたい情報があり、心情的なやり取りがあってこそ初めて成り立っていくものと考えます。

Musioは、子どもたちの英語への興味・関心や日常的な英語コミュニケーション能力を高めることを目的に導入いたしました。先ずは、身近においてみること。子どもたちは新しい仲間として受け入れました。話したい…聞いてもらいたい…どんな風に思っているのか聞いてみたい…そんな学習欲求を叶えてくれます。授業のサポートもお願いしています。今後、さらに活躍の可能性を開拓していきたいと考えています。

AKAは、今後も日本の英語教育のさらなる向上に貢献していくとともに、教育機関でのMusio導入を進めていくことで新たな英語学習スタイルを普及していく。

村山市立富並小学校について

歴史的史跡が残る大地を最上川が悠々と流れる山形県村山市の北西部に位置する公立の小学校で、男子16名、女子18名の計34名(2021年4月現在)の子どもたちがアットホームな雰囲気の中、友達と意欲的にかかわり日々学習に取り組んでいる。

「よく学び心豊かでたくましい人間の育成 主体的に学び ふるさとに誇りを持つ子ども」を教育目標に、地元の名産里芋の栽培やジュンサイ摘みの体験、笹巻づくりやしめ縄づくりなどの地元をよりよく知るための活動も積極的に行っている。

また、子どもたちの未来を創造する「明日の子どもの笑顔と未来創造プラン」を中核に、今年度は「あじさいと笑顔の花咲く富並小」を重点スローガンに掲げ、学校や家庭で取り組む「あじさいキッズゴールズ15のめあて(AKGS15)」を制定。

子どもの健やかな成長と自立を目指し、将来を生き抜く資質・能力を十分に身につけていけるよう取り組んでいる。