小学館の育児メディア「HugKum」親子でSDGsを学べる特設ページを開設

株式会社小学館(東京都千代田区)の第一児童学習局が運営する育児メディア「HugKum」(はぐくむ)は、『親子で学ぶSDGs』特設ページを開設したことを発表した。

HugKum『親子で学ぶSDGs』特設ページについて

国内育児メディアで最大級のユーザー数を誇る育児メディアHugKumが、時代の潮流に合わせてSDGs特集を開始

HugKumは現在、月間約800万PV。

未就学児〜小学生の子どもを持つ保護者のための育児・教育情報メディアである。

HugKum の読者は、幼児から小学校低学年・中学年の保護者がコア層となっており、SDGsに対する興味関心も高い層となっている。

小学校では2020年から「新学習指導要領」が全面実施され、『持続可能な社会の創り手の育成』が明記された。

小学校や、保育園、幼稚園では保護者が考える以上にSDGsに関することが自然と取り入れられているが、

  • 「SDGsって本当は何?」
  • 「家庭ではどのように実践すればいいの?」

と悩む保護者は多くいるという。

そこでHugKum では、『身近なことから始めたい!』『最新の取り組みを知りたい!』『未来の社会を考える』という3つの切り口で、分かりやすく情報を配信していく。

『親子で学ぶSDGs』特設ページについて

親子で探求しやすいよう、「17項目」での検索機能や多様な内容の記事を配信

特集内では「持続可能な17項目」のアイコン別に記事を検索できたり、SDGsに熱心に取り組む企業に編集部が取材に行ったりといった、新しい機能や企画を取り入れている。

読者アンケートでは、SDGsに関する意識の高まりを実感!

またHugKum編集部では、SDGsに関する会員向けアンケートも実施。

その内容からは、年々高まる読者親子の「SDGs」意識の変化を感じることができ、実際に身近な行動に落とし込んでいる人も数多くいたという。

ここにアンケート内容の一部を紹介する。

[参考]SDGsに関する意識調査(2021年6月HugKum メールマガジン会員向けにアンケート)

(SDGsを意識した生活をしていると答えた読者に)どのようなことをしているか

  • ゴミの減量・分別、食品ロスを意識(男性)
  • ラベルなしペットボトルを購入(女性)
  • 食品トレーや過剰包装の食品は買わない(男性)

SDGsについて知りたいことは何か

  • SDGsを積極的に行っている自治体について知りたい(女性)
  • 具体的にどういう行動がSDGsなのか知りたい(女性)
  • 企業が取り組んでいること・個人で取り組むのに具体的な方法(女性)
  • 具体的な目標数値がわかれば知りたい(男性)
  • 子どもとやっているエコ活動がSDGsにつながるのかどうか(女性)

SDGsに取り組んでいることがわかる企業の商品を優先的に買いたいと思うか?その理由は?

8割がYESと回答

はいと回答

  • 環境問題を知って危機感を感じたから(男性)
  • 地球は1つで守っていかなければならないので、企業を応援したい(男性)
  • 安心して良い製品を作っている会社が多いから(女性)
  • 未来に向かっている、向上心があると感じるから(女性)
  • その商品を買うことで、どのように貢献できるかわかればますます購買意欲がわく(女性)
  • 具体的な効果はわからないが、どちらか選ぶなら取り組んでいる企業を購入したい(女性)

いいえと回答

  • 今はよくわからないので、判断に迷う(女性)
  • 価格で決めたい(女性)

『SDGs』に積極的な企業の商品を購入したいと答えた人が多く、興味の高さが伺えた。

個人での達成は到底難しい大きなゴールだが、努力している企業の商品やサービスを購買することで自分も参加できると感じる読者が多く、自身でSNSやニュースサイト、雑誌新聞での情報をもとに、SDGsに取り組んでいると感じる企業を分析し購買行動へつなげていることが見えてきた。

『エコ、エシカル、アップサイクル、ESG、SDGs、CSR…』

様々な横文字のワードがあふれ、理解することはとても大変だが、保護者は子どもの未来に直結する環境問題、特に新学習指導要領にも入っているSDGsに高い関心を持っているようだ。

「HugKum」では保護者が興味を持っている企業へのインタビュー記事や、身近にできる活動、自由研究にSDGsのテーマを組み込む方法など、たくさんの記事を配信予定。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。