ICT教材「すらら」、ニューヨークで開校するZ会グループの小学生向け補習校「Alto」に導入

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:湯野川孝彦)は、同社が提供するAI×アダプティブラーニング「すらら」が、Eikoh North America Inc.(本社:New York, USA 代表取締役:石谷雄也)がニューヨーク マンハッタンに9月4日に開校する小学生向け補習校「Alto」で導入されることを発表した。

Eikoh North America Inc.は増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社。

また、すららネットは、Z会グループの株式会社Z会ホールディングスと、2017年に業務提携に関する契約を締結している。

すららネットは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」を企業理念とし、アダプティブな対話式 ICT 教材「すらら」を、国内では 約 2,200 校の塾、学校等に提供している。

全国の有名私立中高、大手塾での活用が広がる一方で、発達障がいや学習障がい、不登校、経済的困窮世帯を含む生徒に学習の機会を提供するなど日本の教育課題の解決を図ることで成長を続け代表的な EdTech スタートアップ企業として 2017 年に東証マザーズに上場した。

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」は小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会5教科の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人一人の理解度に合わせて進めることができるアダプティブな e ラーニング教材である。

レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、一人一人の習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。

初めて学習する分野でも一人で学習を進めることができる特長を生かし、小・中・高校、学習塾をはじめ、放課後等デイサービス等においても活用が広がっている。

「Alto」は、Eikoh North America Inc.が、2021年9月にニューヨークに開校する新しい形の日本人向け補習校。

「1 人 1 人が輝く世界」を目指し、自分の目標に向かって、自分に適した学習に取り組むことを目指している。

  1. 自由進度 × 個別学習
  2. 異年齢混合クラス
  3. プロジェクト

を特色に持ち、1人1人の目的に合った学習を進めながら、SDGs をベースにしたテーマから自分がやりたいことを決めてプロジェクト学習にも取り組んでいる。

今回の「すらら」導入は、「Alto」が目指す「1人1人が輝く世界」に向けて進める自由進度×個別学習のスタイルに「すらら」が最も適していることから選定されたもの。

「すらら」は小学校から高校までの5教科の教材を備え、さかのぼり学習も先取学習も自由自在に取り組めることから、学習の個別最適化に最も適している。

1人1人の理解度に合わせ問題の難易度が自動的にコントロールされる機能を持つドリルや、自動作問・自動採点されるテスト機能を活用しながら、1人1人に合った学習範囲やスピードを実現することができる。

「Alto」校長 中村健人氏 のコメント

「Alto」校長 中村健人氏

海外で生活する児童、保護者の多様なニーズに応える補習校を目指し、「Alto」は誕生します。日本への帰国を予定している子、現地で永住予定の子とでは日本語の習得目標は異なりますし、それらの目標を達成するには一斉授業だけでは対応できません。

また、ニューヨーク在住の児童の多くが平日は現地校に通い、補習校には週1回の登校する生活サイクルを送っています。その1回の授業で、効果的に学習できることが重要です。

「Alto」は、子どもたちのそれぞれの目標に応じた学習を標榜し、それを実現するため「すらら」の導入を決めました。その子に合ったペース、適切な問題数を示してくれるので、個別最適化された学習を提供することができます。自分に最適な課題に取り組むことで、限られた学習時間で子どもたちが力を伸ばしていくことを期待しています。

すららネットは今後も、新しい学習体験を届ける事業活動を通じ、学習者に「大人になっても役に立つ真の学力」と「努力をすれば結果が出るという自信」を提供していく。