サインウェーブ、中高生向け英語4技能対策アプリ「ELST(R)」で英検(R)準1級対策単語コンテンツを提供開始

AIテクノロジーを活用した中高生向けの英語4技能対策アプリ「ELST®︎」や小学生向け「ELST®︎Elementary」、ペン型スキャナー辞書「NazoritAI Pro(ナゾリタイ プロ)」、「NazoritAI for School(ナゾリタイ フォースクール )」を提供する株式会社サインウェーブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:赤池雅光、以下サインウェーブ )は、ELST®︎の英検®︎対策に準1級の単語コンテンツの提供を開始したことを発表した。

ELST®︎英検®︎対策 準1級の単語コンテンツについて

ポイント

  • 学習塾、私学で採用が広がる英語学習アプリELST®に新たに英検®︎準1級1次試験対策の単語コンテンツを新搭載
  • 提供中の2次試験対策と合わせ、5級から準1級まで1次試験対策と2次試験対策がそろい、大学入試外部検定の英検®︎導入において上位校で利用できる準1級までの万全な対策となる
  • 今回のコンテンツ追加後も、学校と塾向けの提供価格は据え置き、さらなる価値向上狙う

内容

1次試験対策に準1級コンテンツを導入し、1次試験・2次試験ともに5級~準1級(英検CSEスコアめやす2300点)まで勢ぞろい!

サインウェーブ では7月19日に、試験対策コース内に英検®単語学習に準1級コンテンツを追加。

英検®︎1次対策としてシャドーイングやディクテーション機能付きで単語学習ができる。

また、英検®2次面接対策機能においては、画面に面接官が登場し、本番さながらの試験を体験することができる。

さらに自分が発話した英語は点数化され、実力が確認できる。

文部科学省の調査から、CEFR A1レベル(英検®3級)相当以上を達成している中学生、CEFR A2レベル(英検®準2級)相当以上を取得している高校生の割合は年々増えていて、子供たちの英語力が上がっていることが分かる。

サインウェーブとしては、英検®対策コンテンツを提供することで、子供たちの英語学習の一助となることを目指すという。

文部科学省:令和元年度「英語教育実施状況調査」概要より