スタディプラス、学校教育関係者対象に「ICTを活用した学びの個別最適化」をテーマとした事例報告会を全5回オンラインにて開催

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)が運営する「Studyplus for School」は、学校教育現場に求められる「ICTを活用した個別最適化の学び」をサポートするため、事例報告会を全5回にわたりオンラインで開催することを発表した。

「Studyplus for School」事例報告会 開催概要

現在、文部科学省が推進しているGIGAスクール構想での端末整備、新学習指導要領移行など、学校の教育現場では様々な変化を迫られている。

そんな中、1人1台の学習用端末等ICTインフラの整備が進んでいる一方、ICTを活用した個別最適化学習の設計・整備が早急なテーマとなっている。

このイベントは、学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を実際に活用している先生を招き、「ICTを活用した学びの個別最適化」をテーマとした情報共有の場となる。

日時とテーマ

  • 第1回
    • 8/3(火)16:00~17:00 横浜市立鴨居中学校 斎藤校長
    • 『ICTを活用した不登校の学習支援の挑戦と取り組み』
  • 第2回
    • 8/11(水)16:00~17:00 東京農業大学第二高等学校 根岸先生
    • 『私立高校で挑む、ICT大規模導入の裏側とオペレーション構築方法 』
  • 第3回
    • 8/16(月)16:00~17:00 熊本県立天草高等学校 末松先生
    • 『課外授業の見直し〜生徒の主体的な学びのフォローと教職員の働き方改革〜』
  • 第4回
    • 8/19(木)16:00~17:00 石川高等学校 岩瀬先生
    • 『総合的な探究の時間を中心に据えた、新たな時代の学びと校内での普及のための方法』
  • 第5回
    • 8/25(水)16:00〜17:00 修徳高等学校 島子先生
    • 『学校の授業と先端的学内予備校での自学自習システムを組み合わせた、個別最適化学習への挑戦』

対象者

学校関係者

参加費

無料

会場

Zoomオンライン配信(要事前エントリー)

イベント内容

  • 「ICTを活用した学びの個別最適化」に対する学校での取り組み
  • 課題と今後の展望
  • Studyplus for Schoolの実際の活用事例

Studyplus for School概要

教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、先生のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービス。

現在、学校や学習塾をはじめとした教育機関約1000校以上に導入され、教育機関の新しいあり方・先生の新しい働き方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を目指している。